2019/11/24

Redmine Advent Calendar 2019のリンク

今年もRedmine Advent Calendar が作られたのでリンクしておく。
@ryouma_nagareさん、ありがとうございます。

【参考】
Redmine Advent Calendar 2019 - Adventar

Redmine Advent Calendar 2018 - Adventar

Redmine Advent Calendar 2017 - Qiita

まだ空きがあるので、書きたい人は是非。


| | コメント (0)

Redmine互換のディストリビューションRedMica

先日、Redmine互換のディストリビューションとしてRedMicaがリリースされたので、メモ。
あくまでも一つの意見。

【参考】
Redmine互換課題管理システム「RedMica」 リリースの狙い - ファーエンドテクノロジー株式会社

Redmine 4.0.5 を RedMica 1.0.0 に移行する - Qiita

Redmine を RedMica に移行する | JI0VWLのFreakな日常

redmine tokyo の衝撃|makoto0119|note

第17回東京Redmine勉強会の感想 #redmineT: プログラマの思索

【1】RedMicaが「Redmine互換のディストリビューション」という意図は、プレスリリースの通り。

(引用開始)
RedMicaはRedmineと別れて新たな道を歩むものではありません。
「今日使える明日のRedmine」という言葉が示す通り、Redmineの開発成果をより早く利用者に届けるのが目的です。
Redmineから枝分かれして独自に進化する「フォーク」ではなく、むしろRedmineの一つの配布形態、「ディストリビューション」とご理解いただければと思います。
(引用終了)

以前、RedmineからフォークしたChiliProjectがあったが、結局EOSになった。

Redmineから分岐したChiliProject: プログラマの思索

RedmineクローンChiliProjectが終了されたらしい: プログラマの思索

OpenProjectもRedmineからフォークして独自開発されているようだが、その後の発展はよく知らない。

「近代化Redmine」ことOpenProjectでスクラム開発のプロジェクト管理 - Qiita

他にも、PHP版Redmineクローンがあったが、その後の発展はよく知らない。

最近のCandyCane - PHP版Redmineでタスク管理を始めよう

Redmineは開発が非常に活発なので、フォークしたとしても、本家の機能より見劣りすると使われなくなるのだろう。
過去にRedmineからフォークしたソフトウェアがいずれも、事実上活動していない状況を見ると、フォークするリスクは大きいと考える。
よって、RedMicaがRedmineのtrunkに追随する方針にしたのは賢明だと考える。

【2】なぜ、RedMicaを開発したのか、という目的は、プレスリリースの通り。

(引用開始)
しかし、現在のRedmineはリリースが不定期かつ間隔が長めで、スケジュールも明示されていません(コミッターである私にも分かりません)。
せっかく開発しRedmine本体に取り込み済みの新機能をいつお客様の環境にデプロイできるのか全く不明です。
リリース時期の目処がまったくわからないまま開発済みの新機能を長期間お客様にお届けできないことを大変残念に思っていました。

RedMicaはこの問題を解決するための手段です。
Redmineの最新のソースコードに常に追従するファーエンドテクノロジー版Redmine「RedMica」をリリースすることにしました。
当社が主体となってメンテナンスするソフトウェアであればリリースを自由にコントロールできるので、Redmineの最新の開発成果をこれまでより早くお客様に届けることができるようになります。
(引用終了)

Redmineのリポジトリを見れば、使いやすさを中心とした細かな機能改善は、活発に行われている。
しかし、リリース時期は不定であるので、パッチとして取り込まれた改善機能はすぐには利用できない弱点があった。
その弱点を解決する方針の一つとして、RedMicaが生まれた、とのこと。

RedMicaのメリットは、@g_maedaさんがコミッタなので、Redmineを十分に知り尽くしているだろうから、気兼ねなく使えるだろう、という安心感があること。

一方、redmine tokyo の衝撃|makoto0119|noteの通り、たとえRedMicaがディストリビューションであっても、Redmineからフォークするリスクがあるのではないか、という意見もある。

個人的意見としては、Redmineコミュニティで長年、@g_maedaさんがRedmine愛を持って活動されてきた言動を見る限り、Redmine本家を大切にしながら開発されるだろうと思っている。


| | コメント (0)

2019/11/21

「英語が楽天を変えた」本の感想

「英語が楽天を変えた」本の感想をメモ。
結論のないポエム。

【参考】
「大学入試の英語テストはTOEFLに変更せよ」 楽天・三木谷社長が提言する「英語革命」(BLOGOS編集部)

最近、大学入試でTOEFLのようなグローバルなテストに変革しようとして、結局挫折した記事があった。
その背景には、どうやら楽天社長の意見もあったらしい。
そこで、「英語が楽天を変えた」本を読んでみた。

楽天は「英語公用語化」でどう変わったのか | 英語学習 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「英語が楽天を変えた」本で興味を惹く点はいくつかある。

【1】1つ目は、英語公用化に対する反応集団が3つあり、それぞれ異なる特徴を持っていたこと。

その集団は、「日本で働き日本語を母語とする社員(言語的疎外者)」「欧米で働き英語を母語とする社員(文化的疎外者)」「アジア、アフリカなどで働く英語・日本語以外を母語とする社員(二重疎外者)」の3つ。

言語的疎外者、文化的疎外者の特徴は分かりやすいが、二重疎外者という集団も存在し、二重疎外者は積極的に英語を通じた日本文化や組織文化を素直に取り入れた、という話が面白かった。
彼らは、日本人よりも英語を習得しやすく、それによって仕事の幅が広がり、昇格のチャンスも増えるインセンティブが働いたためだろう。

【2】2つ目は、英語公用化は欧米化ではなく、日本の企業文化で統一されたこと。

文化的疎外者にとって、英語化によって、自分たちの欧米文化が日本の組織に取り込まれると期待していたが、実際はそうではなかった。
言語的疎外者が英語をマスターすることで、自分たちの日本の組織文化を世界中の支社に発信できたり、その意図を浸透させる手段を持ったことで、文化的疎外者に組織文化を押し付けることができるようになった。
楽天といえども、日本企業であるからには欧米企業とは異なり、日本企業らしい手続きの多い組織文化は多少はあったし、その文化の背景にある共通目的を社員に反映させやすくなったわけだ。

文化的疎外者にとってはありがた迷惑だったのかもしれない。
以前は、自分たちの職場では日本とは異なる欧米文化だったのに、たとえ米国の職場であっても、日本本社に統制されるようになったわけだ。

一方、言語的疎外者は自信を持って自分たちの組織文化を主張できる手段を持つインセンティブが生まれたわけだ。

【3】3つ目は、英語公用化というケース事例を統計学と組織行動学の観点で緻密に分析された手法が興味深いこと。

組織行動学では、組織内の集団は、環境に応じてどのような態度や行動を取るのか、という問題を前提として研究されていると思う。
では、その問題をどのように把握して、分析する手段があるのか?
その手法はアンケート収集とその統計処理にあるようだ。

おそらくランダム比較テストになるように、組織内の集団をセグメント別に分けて、アンケートを収集し、そこから集団の特徴を表すような変数を洗い出し、そこから仮説を導き出す。
その仮説が正しいか、新たなアンケートを集団の別のセグメントへ適用し、その反応をさらに分析していく、みたいなイメージかな、と想像した。

昨今では、コンピューティングパワーのおかげで、ABテストによるランダム比較実験がやりやすいし、膨大なデータがあっても即座に統計処理できる。
つまり、組織行動学や行動経済学のように、組織や集団の行動変数を抽出して新たな知見を見出す学問は、統計処理やコンピューティングパワーとすごく相性が良いのだろう、と思う。
そして、こういう学問の研究で得られたノウハウは、従来の古い考えをひっくり返すような、地動説のような特徴があるのだろう、と思う。
そう思うと、すごくワクワクする。

| | コメント (0)

2019/11/11

View customizeプラグインによるRedmineのカスタマイズ事例集のリンク

ファーエンドテクノロジーさんから、View customizeプラグインによるRedmineのカスタマイズ事例集が紹介されていたので、自分用メモ。

【参考】
GitHubにView customizeプラグインによるRedmineのカスタマイズ事例集を公開しました! - ファーエンドテクノロジー株式会社

GitHub - farend/redmine-view-customize-examples: Redmineのプラグイン「View customize」を利用したRedmineカスタマイズ集

Redmineのプラグイン「view customize plugin」のカスタマイズ例 - Qiita

GitHub - onozaty/redmine-view-customize-scripts: Script list for Redmine View Customize Plugin

全員に案内文を見せる、ちょっとしたデータの整形など、細かなUI改善を手早くやりたい時にView customizeプラグインは重宝する。
おそらく、このプラグインはRedmineユーザなら必須ではなかろうか。


| | コメント (0)

2019/11/09

Scrum@Scale入門のリンク

原田さんのScrum@Scale入門のリンクをメモ。

【参考】
スクラムを組織全体へスケールさせていくフレームワーク「Scrum@Scale」入門(前編)。Developers Summit 2019 - Publickey

スクラムを組織全体へスケールさせていくフレームワーク「Scrum@Scale」入門(後編)。Developers Summit 2019 - Publickey

Scrum@Scale Guide | Scrum at Scale Guide | Guide for Scaling Scrum

Scrum@Scale 入門 | Attractor Inc

大規模Scrumの話は最近良く聞くけれど、どのように拡張しているのか分かっていなかった。
上記の記事を読んで、何となくイメージが浮かんだ。

Scrum@Scaleで優れていると思った点は、課題管理などの意思決定プロセスが階層化されているにも関わらず、意思決定のスピードが速いことだ。
Scrum of Scrumを組織構造に合わせてマッピングさせている点がうまいな、と思った。

(引用開始)
これをSAAB Technologiesという会社、戦闘機のグリペンの開発でやっています。ゲームの「エースコンバット」をやっている人なら、グリペンは良い機体だっていう人、いますよね?

彼らは製造業なので朝が早いです(笑)

7時30分 SCRUMチームのデイリースクラムがあります。
7時45分 SoSのデイリースクラムがあります。
8時00分 SoSoSのデイリースクラムがあって、
8時15分 SoSoSoSのデイリースクラムがあって、
8時30分 EATがあります。

というわけで、スクラムチームが価値を届けることに困るような課題があれば、1時間後にはトップエグゼクティブの知るところとなって、そのEATでさっさと課題に対応できると。圧倒的に早いですよね。
(引用終了)

EATは取締役会に相当するらしい。
最終的な意思決定の責任は、会社の最高意思決定機関に委ねられる。
会社法上の仕組みとScrumの仕組みを上手く調和させるように作っているわけだ。

AgieTourOsakaに行ってきたが、最近の大規模Scrumの事例では、IT企業に限らず、一般企業にも導入されているよ、と聞いた。
話を聞くと、どうやらソフトウェア開発だけでなく、会社の一般業務にもScrumを適用しようとしているらしい。おそらく、Scrum@Scaleのように、課題に対する意思決定プロセスという現場のプロセスと、会社法上の組織としての意思決定の責任を上手く調和させるように、Scrumの仕組みを拡張しているのだろう、と直感している。

そういうことを考えると、Scrumは大したマネジメント・フレームワークなのだな、と改めて思う。
詳細は今後も調べていく。

akipiiさんはTwitterを使っています: 「すごく良い記事。大規模スクラムでも、最小限の官僚主義を入れる辺りが現実的な判断してるなー。RT @hidenorigoto: “スクラムを組織全体へスケールさせていくフレームワーク「Scrum@Scale」入門(前編)。Developers Summit 2019 - Publickey” https://t.co/1oclrFQoWe」 / Twitter

【追記】
原田さんから、Scrum Patternの本が出版されているのを教えてもらった。
ペーパーバックで高価だが、オンラインでも一部は読めるらしい。

Scrum Patterns

| | コメント (0)

«第17回東京Redmine勉強会の感想 #redmineT