« 仕様の決定を遅らせる | トップページ | Aspect思考 »

2004/12/12

体制上のレイヤーが多いと開発は失敗しやすい

 PM見習いの読書日記にこんな記事が書かれていた。

上記に関連して最近強く思うのは、開発のときに体制上のレイヤーが多いと開発は失敗するだろうということ。やっぱりレイヤーが多いと、身動きは遅くなるし、情報はどんどん欠落していくし、責任はあいまいになっていくし。「ユーザ」と「開発者」だけがいればいいと思う。

 自分の経験と合致する部分が多い。
 IT業界っていくら格好よく言っても、土建業界と同じゼネコン体質で、建築プロセスよりもはるかにプロセスの完成度は低いし、プロジェクト管理のスキルも低い。
 レイヤーが多いと無駄なドキュメントが多くなる。外注を使うと、彼らとコミュニケーションを取り、管理するコストが余分に増える。そもそも、同じチームの開発者を管理できないのに、海を隔てた中国の開発者を管理できるのか?

|

« 仕様の決定を遅らせる | トップページ | Aspect思考 »

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/2243378

この記事へのトラックバック一覧です: 体制上のレイヤーが多いと開発は失敗しやすい:

» [dev]システム開発のレイヤー [PM見習いの読書日記]
これも前にトラックバックしていただいていました。 >  IT業界っていくら格好よく言っても、土建業界と同じゼネコン体質で、建築プロセスよりもはるかにプロセ... [続きを読む]

受信: 2004/12/13 13:56

« 仕様の決定を遅らせる | トップページ | Aspect思考 »