« プログラミングの基本はIF文を極力排除する | トップページ | プロジェクトマネージャ=ディレクター+プロデューサー »

2005/01/10

口酸っぱく言われていること--スコープ管理とマイルストーン設定--

 仕事でプロジェクト管理していても、勉強会の発表資料作りでも、同僚から指摘されていることは、「スコープ管理」と「マイルストーン設定」の二つ。

 スコープ管理は、プロジェクトを成功づけるだけの成果物とその仕様範囲、成果物のレベルに密接に絡んでいる。どうしてもより良い成果物を作ろうとして、スコープがどんどん広がってしまう時に指摘を受ける(m_m)
 マイルストーン設定は、成果物を披露する期限を公開することでプロジェクトをコントロールする所に意義がある。一度マイルストーンを守れなくなると、どんどん遅れてしまい、プロジェクトだけでなく自分自身の作業目標すら制御できなくなる。マイルストーンを無視したより良い成果物を作ろうとした時に指摘を受ける(m_m)

 スコープ管理もマイルストーン設定も、プロジェクトの範囲と期限に連動する。この二つがいつも念頭にないと、プロジェクトは予想しない方向へ走ってしまい、制御できなくなる。
 二つとも当たり前だけれど、もっと良い成果物を作ろうと作業に没頭してしまうと忘れやすい。気をつけよう。

|

« プログラミングの基本はIF文を極力排除する | トップページ | プロジェクトマネージャ=ディレクター+プロデューサー »

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/2528002

この記事へのトラックバック一覧です: 口酸っぱく言われていること--スコープ管理とマイルストーン設定--:

« プログラミングの基本はIF文を極力排除する | トップページ | プロジェクトマネージャ=ディレクター+プロデューサー »