« GanttProjectを再び使ってみる | トップページ | プログラミング言語を成分解析したら »

2006/04/03

Web 2.0でマーケティングが変わる

 今朝の朝日新聞に「Web2.0」 広がる参加型ネットという記事が載っていた。
 CNETなどのインターネットの記事で「Web2.0」はよくキーワードになっているけれど、ついに既成メディアも着目するようになったのか、と感心した。
 上記の記事は、分かりやすく書かれてます。
 
 先日の本「ウェブ進化論」にもあるが、インターネットの普及で影響を受けたものの一つにマーケティング手法があると思う。
 iTunesMusicでは、用意した100万曲はどれも少なくとも1回はダウンロードされたと言う。Amazonでも似たような事例があったらしい。
 つまり、売上が小さくても無数のコンテンツが売れれば、売上が上がる。

 今の商品は、ネット上の口コミの影響力が大きくなっているのではなかろうか?
 Blogや掲示板に書かれた情報をGoogleなどで誰もが簡単に調査できる。
 一つの意見ではなく、関係ない無数の第三者の意見の殆どが同じような意見だとしたら、そこには何かしらの真実がありそう。

 この手法を生かしたのがオープンソース。
 100人日かかる作業も、1000人が集まれば、一人0.1人日の作業時間でいい。
 世界中の無数のソフト開発者から、わずかな開発時間をかき集めて、巨大なソフトウェアを作り出す手法。
 外部リソースをうまく利用すること。

 今までの「パレートの法則」によって「上位顧客2割を抑えれば売上全体の8割を制する」やり方ではない。
 Web2.0では、「小さなちりも積もれば山となる」という「ロングテール」のやり方。

 丁度、織田信長が新兵器の鉄砲で武田軍を破ったように、最新技術をいち早く使った者が世界を支配するのだろうか。

|

« GanttProjectを再び使ってみる | トップページ | プログラミング言語を成分解析したら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経営・法律・ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/9416918

この記事へのトラックバック一覧です: Web 2.0でマーケティングが変わる:

« GanttProjectを再び使ってみる | トップページ | プログラミング言語を成分解析したら »