« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007/02/25

Google、それは強大な広告代理店

 図書館で偶然「グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する」を読んでみた。
 梅田さんが書いた「ウェブ進化論」よりも面白い!
 Web2.0とは、広告インフラを作っているだけじゃないか、という直感を考察してみる。

【1】広告収入がグーグルを支える

 以前、会社の同僚から、「グーグルは有名だがその収益源は何だろう?」と尋ねられたことがある。
 検索エンジンでそこまで儲かるのか?という疑問があった。

 グーグルのビジネスモデルは、キーワード検索の横に出てくる広告リンクによる収入だ。
 2005年度の収益の99%はアドワーズとアドセンスによるものらしい。

 何故そんなに儲かるのか?
 キーワード検索の結果をページランクという手法で格付けして信用度を高めている。
 キーワード検索で引っかからないHPは見向きもされないから、インターネットでは存在しないのと同じ。
 だから、皆グーグルに引っかかるようにしてもらいたがっている。

【2】Googleは広告インフラを提供している

 グーグルは強力な検索エンジンを使った広告収入というビジネススタイルで、マーケティングの手法まで変えた。

 良く出る例は、iTunesやAmazon。
 マーケティング手法がパレートの法則からロングテールへ、つまり、「売上の80%は上位20%の商品が占める」から「塵も積もれば山となる」へ変わった。

 購買行動については、昔は、AIDMAの法則があったが、今はAISASの法則へ変わっている。

Attention (注意)
→Interest (関心)
→Search (検索)
→Action (行動、購入)
→Share (共有、商品評価をネット上で共有しあう)

 spookie-nobさんによると、更にAIDEESモデルに進化しているらしい。

Attention(注目)
→Interest(関心)
→Desire(欲求)
→Experience(購入・体験)
→Enthusiasm(顧客の心酔)
→Share(推奨)

 Blogや口コミが、グーグルが築いた広告インフラの上で威力を発揮しているという事実へ移行している。
 GoogleもAmazonも、自前のAPIを公開し、自分たちのデータベースへできるだけアクセスさせるような仕組みを作っている。

 このマーケティング手法が出たことにより、中小企業や個人がニッチなマーケットを対象に売り込めるようになった。
 BtoBからBtoC、CtoCへ少しずつシフトしている。

 新聞もメディアも広告収入で成り立っている業界。
 広告が収入源という業界は意外に多いはず。
 だから、グーグルが作った広告インフラの方が人が集まるなら、脅威になる。

 この本では、グーグルニュースが取り上げられている。
 世界中のマスコミの記事を一覧にするだけだが、これによって、大新聞だろうが地方紙だろうが、全て同等に扱われる。
 右寄りだろうが左寄りだろうが関係なく一覧に出る。
 しかも、一国のメディアの意見だけでなく複数の国の意見も見れるから、相対評価される。
 編集部の価値観なんて関係ない。
 大新聞という巨大メディアに対する挑戦。

【3】Googleのビジネスモデルは広告収入の基盤の上に無料サービスを展開する
 
 広告収入で得た利益をGoogleは何に使っているのか?
 それが、無料のニュース、無料の地図検索、無料の衛星地図写真、無料のネット接続、無料のオフィスソフト、無料の図書検索、などなど。
 検索エンジンさえあれば、ニュースだろうが地図だろうが図書だろうが何でも検索できる。
 しかも全て無料!
 このやり方がのさばると、既存のプレーヤーは脅威に映るだろう。

 面白いのは、今活気のあるIT系ベンチャー企業は、いずれも広告を収入源にしていることだ。
 mixi然り、はてな人力検索を持つはてなも然り。
 それらの企業は、IT企業というよりも広告代理店と呼ぶ方がふさわしいのかもしれない。

【4】Google、それは強大な広告代理店

 IT業界と違い、広告代理店業界は羽振りが良くて華やかなイメージがある。
 技術者よりも営業マンがバリバリ働いていて、活気のある業界だ。
 リクルートのように起業家志望を持つ人が多い会社もある。

 普通、広告代理店は、大手企業から広告をたくさん集めて高価な媒体に売るというのが最高の戦略だった。
 しかし、グーグルの広告インフラでは、検索できる全ての対象が広告であり、全てのサービスが無料だ。
 Googleが既存の広告代理店を駆逐するかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/22

県庁の星

 随分前に「県庁の星」を借りて見た。

 織田裕二と言えば「踊る大走査線」が有名だよな。
 「事件は会議で起きているんじゃない!現場で起きているんだ!」の台詞が有名だけれど、この映画も似たような路線。
 でも、こちらの方が楽しめた。
 柴崎コウセカチューでも出てたことをようやく知りました。。

 ラストシーンはハリウッドぽくエンターテイメントで終わる。

 エリート公務員の織田裕二が三流スーパーにやって来て、若い女性パートの柴崎コウにしごかれる。
 そのシーンがステレオタイプすぎて面白い。

 しかし、織田裕二が作ったプランを実際に実行してみると、三流スーパーの業務改革にすんなりはまる。
 彼が倉庫を観察して、余った棚で在庫品を整理したり、床に在庫を運ぶための経路をガムテープで張ったりする。
 そんな彼を叱咤する柴崎コウが頼もしい。

 とまあ映画では面白おかしく進むのだが、彼が実行しようとしたプロセスが、まず在庫整理というのが興味深かった。
 
 小売業のプロセスの基本は下記の繰り返し。

販売計画→売上実績→在庫調整

 これはいわゆる「PDS」(Plan→Do→See 計画→統制→実績)に相当する。

 映画の三流スーパーでは在庫をコントロールできていないだけでなく、在庫数を自分たちも把握できていない。
 では、どこから改革したらいいのか?

 TOCのMLのコンサルの話によると、こうなる。

こういう状況では「実績と現状が不一致」になっている。
だから、次のやり方で進めていく。

1・まず実績に現場の数字を入れて、実績を実態に合わせる。
2・次に、調達計画や販売計画も自分たちが決めて数字を入れる。
(これらのやり方を「システムを空回りさせて足で稼いだ実績データを使う」という風に言っている)

3・そして、DBRを使ってローカルな統制を行い、計画や実績のデータの正確性を高めていく。

4・ここで、バッファー=時間的余裕を使って、ローカルな最適化を全体最適へ持っていく。
 つまり、最初はバッファ(ゆとり)は大きく取るけれども、データの精度が高まるにつれて、バッファを小さくしていく。
 揺らぎが小さくなれば、システムはスムーズに流れるようになる、と。

 実際、この映画でも、三流スーパーの在庫整理から始まり、調達計画から抜き打ち検査のマニュアル作りという計画まで作っていく。
 といっても、映画なので、TOCのバッファ管理やDBRに似たような場面はなく、従業員の信頼を織田裕二が勝ち取っていくという場面になっていますが。。
 
 ま、笑える映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/19

人は皆、誰かのロールモデルになっている

 梅田さんの記事「ロールモデルの提示がもっともっとネット上に溢れるといい」にこんな一節がある。

アメリカ人の友人が小学生の頃、教会の日曜学校で先生から「人は皆、誰かのロールモデルになっているんだよ」と言われ、「こんなに小さな自分でも誰かのロールモデルなのか」ととても驚いたそうです。 この話を聞いたのは、もう10年以上も前ですが、いまだに私の心の中に強く残っています。 あなたも私も、知らないうちに誰かのロールモデルになっているのでしょうか。

 どんなちっぽけな存在の人でも、誰かのロールモデルになっている。
 どんな人も、その背中は誰かが見つめていて、誰かがお手本として参考にしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/17

【Ruby関西】IT業界のロールモデルは誰?

 第14回 Ruby関西に出かけてきた。
 午後から雨になり、随分冷え込んだのに、京都女子大で開かれた勉強会に70人も集まって熱気があった。

 勉強会の内容についてはログを参照して下さい(^^)
 自分が感じたことを思いつくままに書いてみる。

【1】卒業する4回生へ花束贈呈

 勉強会終了直後に、スタッフから小波研究室の女子学生4回生へ、毎回の勉強会の準備への感謝をこめて花束が贈られた。
 贈られたご本人たちは随分驚いた様子で、代表したコウザイさんも「大して役立っていないのに、こんな素敵な花束を贈ってもらえて感謝してます」みたいに答えていたのが初々しかった。

 こういう思いやりを、コミュニティで表現できる場があるのはいいなあと感じた。

【2】小波先生、かずひこさんのようなメンター(保護者)の重要性
  ~IT業界にロールモデルはいるか?

 このRuby関西の良い所は、まだプログラミング初心者の女子学生を見守る父親のような小波先生やお兄さんのように面倒を見るかずひこさんのような人たちがいること。
 小波先生はもちろん、かずひこさんのように人間的にもすばらしく誰からも好かれるような人が先輩として、20代の若い人たちへアドバイスしたり、動機付けしたりする。
 若い人もそういう先輩を素直に慕っている雰囲気がいい。
 
 メンターがいることで、特に女子学生が伸び伸びと勉強して力をつけるし、メンターを見て、自分が進むべき道と目標への距離を計測して頑張っている。
 そういう雰囲気に刺激されて、他の若い人たちも集まってくる。
 逆に、先輩格の人たちも、元気のいい後輩が慕ってくれるので、自分だけの殻に閉じこもることもなく、惜しげもなく自分の知識を伝える技術を身につけられる。

 後輩たちもそんな先輩の姿を見て、自分たちが卒業して働き始めたら、先輩にしてもらったことを同じように後輩へつなげようとする。
 まだ若いコミュニティだけれども、卒業生がスタッフとして戻ってきたらいいだろうなと思う。

 こういう好循環の環境を見るにつけ、日本のIT業界にロールモデルはいるのだろうか?と思う。
 ライブドアの堀江さんは功罪もあろうが、彼もロールモデルの一人にあげられた時期もあった。

 3Kと呼ばれるIT業界が輝くためには、若い人の模範となるようなロールモデルをもっともっと生み出さないといけないのだろう。
 


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/02/16

春の雪

 「春の雪」を見た。

 内容は、、単純なストーリー。
 原作は三島由紀夫だが、映画は中途半端に終わっている印象もある。

 竹内結子は綺麗だ。
 宇多田ヒカルの「Be My Last」(私の最後であって)もシンプルで綺麗。
 映像も綺麗。
 但し、お昼の主婦のメロドラマに近い雰囲気なのかも。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/15

決断のプロセスとは

 プロジェクトマネジメントに必要なスキルは色々あるけれど、リーダー個人の資質として意識すべきスキルに「決断力」があるように思う。
 下記の本を読んでみて、自分が持つ少ない経験と照らし合わせて考えてみた。






【1】決断のプロセスは意外と単純

 決断のプロセスは、実は意外と単純な構造をしている。

ゴール→情報収集→比較検討→選択決定(→分析)

 このサイクルを何度も繰り返しているだけ。
 なのに何故、決断に時間がかかるのか?

 理由は色々あると思う。
 一つは、ゴールが定まらないこと。
 決めることに気がはやってゴールを決めなかったり、ゴールを決めたのに忙しさにかまけて忘れてしまう時がある。
 原則を忘れず、原則をぶらさない事が大事。

 もう一つは、比較検討で時間をかけすぎること。
 リスクを恐れすぎたり、結果を気にしすぎたり、完ぺき主義に陥って、比較検討プロセスでなかなか結論が出ない時がある。
 決断が早い人は、わざと早く失敗する。仮説を立てたら、すぐに実行して、仮説と結果と照らし合わせて、仮説の確からしさを高めていく。
 この辺りはアジャイル手法に似ている。

 他方もう一つは、比較検討プロセスで問題を解決する筋道に辿り着けない事。
 状況が混乱していて、色んな事実を論理付けて1個の仮説を作り上げれない時がある。
 そんな状態は、頭が混乱している。

 マインドマップで色んなアイデアを発散させて洗い出してみる。
 ロジックツリーで問題、原因、対策を関係付けて、整合性をチェックしてみる。
 因果ループ図で各要素の因果を関係づけて、システムの構造を具現化してみる。
 アクティビティ図でステークホルダー同士の相互作用をリストアップしてみる。

 比較検討プロセスでは、モデリングのスキルが最も問われるのだろう。

【2】問いかける言葉を持っているか?

 やばい状況で、何が問題の本質かを探る時、決断力のある人は、自分なりの問いかけを持っている。

・何が問題か?
・何故そうなったのか?
・最善策は何か?
・将来大丈夫か?
・それは達成できるのか?

 シンプルな質問を相手に自分に問いかけて、少ない時間で情報収集できるかどうかは、決断のコストに直結する。
 決断する時に正確性も大事だが、スピードも大事。
 失敗するなら早く失敗して、何が正しいのか、その要素を早く洗い出した方がいい。

 また、問題の本質に直結するような問いかけが出来る人は、コーチングの能力にも優れている。
 問いかけることによって、質問相手に気づかせる。
 問いかけることによって、質問相手が自力で解決できるように誘導尋問する。
 心理学の手法も必要なのかもしれない。

【3】「気」の重要性

 「失敗学」の著者でもある畑村さんが言うには、決定に関係する事柄は「人」「物」「金」「時間」「気」の5つがあると言う。
 その中で「気」は気づきにくいと言う。
 雰囲気、文化、伝統、価値観といったもの。
 どんな人でも、何らかのパラダイムという色眼鏡で現実を解釈している。
 
 一つの会社しか知らない人は、その会社の職場の雰囲気しか知らない。
 経験が少ない人は、自分の経験値の範囲内でしか物事を判断できない。

 自分の器の限界と、それによって自力で解決できる決断の範囲もあることを自覚しておくことは大事なのだろう。

 社長業をしている知り合いは、「俺はマネジメントという業界でビジネスをしている。特定の業界にはこだわらない」と言っていた。
 その言葉から、業界知識よりもビジネス上の決断力を武器として仕事していることが分かる。
 経営者と呼ばれる人たちは、決断プロセスを自分流に持っているのだろう。

 ナントカと名前の付くコンサルタントも、決断プロセスを自分なりに持っている。
 意識して持つべきスキルであることは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/14

XPJUG関西からデブサミへ

今日から2日間、デブサミが開かれてます。
行きたかったけれど。。

XPJUG関西からも組込みTDD部会が参加しています。
細谷さん、頑張って下さ~い。

他に、PFP関西もワークショップに出てます。

XPJUGの部会では、「Dear XP」のライブがあるらしい。
あの歌を聴くと、昨年のXP祭り関西を思い出す。

月日が経つのは早い。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »