« 【再考】GanttProjectとFreeMindとJude | トップページ | 朝会を実践してみて »

2007/05/03

Ruby関西と仏大統領選

 4/28に開かれたRuby関西へ行ってきた。
 詳細なログは、本家サイトを参照して下さい。
 楽しかったことをメモ。

【1】Ruby関西フランス支部と実況生中継\(^o^)/

 フランスに移住(?)したかずひこさんへ、WebカメラやSkype(?)を使いながら、Ruby関西の勉強会の講演をやり取りした。
 かずひこさんの音声はリアルタイムにはっきり聞き取れたし、最後の10分間、プロジェクタのスクリーンにちょっとぼやけた動画でかずひこさんが映った。
 最近の技術はすごいね~。

 かずひこさんも講演を聞いた後に質問したり、コメントしたりしながら、
「フランスから、微妙に寂しさを感じながら講演を聞いてます」
という発言があって面白かった。

 コウザイさんからは
「音声だけですけど、皆質問しているのが聞こえて、お家にいながらRuby勉強会にいる感じです」
「お茶の間留学みたいです~」
の発言があり、聴衆皆で大笑い(^_^;)

 準備されたスタッフの皆さん、また朝5時からスタンバイしたかずひこさん、コウザイさん、お疲れ様でした。

【2】仏大統領選とRubyの関係

 かずひこさんから、フランスの近況の話があり興味深かった。
 丁度今、フランスは大統領選の真っ只中。
 そんな中、フランスのオープンソース団体が大統領候補へオープンソースの力になってくれるか、質問状を送ったらしい。
 返ってきた反応は、殆どの候補がオープンソースに好意的だったらしい。
 しかし、最有力候補であるサルコジさんは、「私はオープンソースの人が期待している答えは出せない」という返事が返ってきたとのこと。
 かずひこさんによると、サルコジさんは「金持ちLove(ハートマーク)」な人だそうで、移民な私はどうなるんだろうかと思います、と言っていた。

 こんな所で、ITと政治が絡んでいるとはね。
 日本だったら、どうだろう?
 日本はRuby発祥の地だから、政治的に応援されやすいだろうが、実際はそこまで国や地方の支援がないのが実情なのかもしれない。

 コミュニティに関わっている者としては、公共団体の援助は当てにせず、コミュニティに集まった人たちだけで、自由な雰囲気をつくり、しかも社会へ刺激を与えられるように、プログラマ自身が力を身に付ける方が大切だと思っている。


|

« 【再考】GanttProjectとFreeMindとJude | トップページ | 朝会を実践してみて »

コミュニティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/14959399

この記事へのトラックバック一覧です: Ruby関西と仏大統領選:

« 【再考】GanttProjectとFreeMindとJude | トップページ | 朝会を実践してみて »