« Javaで型推論をプログラミング | トップページ | チケット駆動開発でXPの計画ゲームを実施する »

2008/04/16

RedMineでチケット駆動開発!

一昔前。
プロジェクトリーダーが2人日以上かけてExcelでガントチャートを作り、開発者に報告書を毎晩提出させて、実績と進捗を管理していた。
プロジェクトリーダーの仕事の殆どが、進捗管理に費やされていた。

プロジェクト全体で何%まで完成して、後どれくらい開発が残っているのか、理解するのに手間がかかっていた。
最終的には、プロジェクトリーダーの勘と経験で、リスク管理されていた部分が多かったのではなかろうか?

最近のWebシステム開発は、3~8人の開発者で3~6ヶ月単位のプロジェクトが多い。
短い期間で約10万行近くのシステムを作り上げるのが普通だろう。

これだけスピーディに開発しないとビジネスにならない現状なのに、プログラミングのスピードにプロジェクト管理が追いついていない。

最近思うのは、プロジェクト管理、進捗管理をソースコードに近づけることができないのか?という疑問。


プロジェクトの見える化がプロジェクトファシリテーション等で叫ばれている中、最近注目を浴びているものが、TracやRedmineのようなBTS。

RedmineはRuby on Railsで作られているからインストールも簡単だし、Tracよりも使いやすいように思う。

これらのBTSの最大の特徴は、ソースコードとチケット(作業タスク)を紐づけていること。

例えば、Subversionにコミットする時に

$ svn commit -m '○○○機能を利用時の△△△な問題を修正。 refs 123'

を実行すれば、RedMineに登録したタスクNo(ここでは「123」)と紐付けることができる。

RedMineに登録したタスクは、 開始日と終了日を設定すれば、ガントチャートがデフォルト設定されている。
進捗が遅れているか、後何日しかバッファがないか、すぐに分かる。

最近思うのは、プロジェクト管理や設計工程がプログラミング工程よりも遅くて、質が悪い。

その理由は、ソースコードの変化の速さに付いていけてないからだと思う。

やりたいのは、

チケット駆動開発

略してTiDD なのだ!

RedMineによるチケット駆動開発について、色々考えてみたい。

|

« Javaで型推論をプログラミング | トップページ | チケット駆動開発でXPの計画ゲームを実施する »

Redmine」カテゴリの記事

チケット駆動開発」カテゴリの記事

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/40899511

この記事へのトラックバック一覧です: RedMineでチケット駆動開発!:

» TestLink+redMine && TestLink+Trac [Toshiyuki Kawanishi Blog]
TestLinkのユーザの方からのご助言をいただいて、TestLinkのredMine用のインタフェースを作ってみました。TestLinkからredMineの問題(チケット)を見ることができます。 以下に使用法をまとめました。 TestLinkJP: プロジェクト管理システムredMineとTestLinkの統合手... [続きを読む]

受信: 2008/04/24 22:23

» redMineで仕事のディレクション・進行管理 [陽のあたらない美術館 -人間再生-]
小生はWebディレクションのようなことを仕事としており、大小様々な案件を複数並列で動かしています。ただ進行管理の手法については試行錯誤しており、なかなかうまく案件を取り扱えていません。(やべ!アレ忘れ...... [続きを読む]

受信: 2008/05/02 18:25

« Javaで型推論をプログラミング | トップページ | チケット駆動開発でXPの計画ゲームを実施する »