« BTSはソフトウェア開発の必須アイテム | トップページ | Redmineインストールメモ »

2008/09/11

Retrospectivaをインストールしてみる

Ruby on Railsで作られたBTSで最も有名なのは、おそらくRedmine
しかし、他にもRetrospectivaというBTSが存在するらしいのでインストールしてみた。

その時のインストールのログと感想をメモ。

【1】詳細は、QuickInstallを見よ。
環境は、Linux。Windowsでも同様でOK。

http://retrospectiva.googlecode.com/svn/trunk
からSVNエクスポート

database.ymlへ変更
 ここではMySQLを使う。

MySQLでDB作成

drop database retrospectiva;
CREATE DATABASE IF NOT EXISTS retrospectiva;

GRANT ALL PRIVILEGES ON retrospectiva.* TO "retrospectiva"@"localhost" IDENTIFIED BY "retrospectiva";

http://dev.rubyonrails.org/svn/rails/tags/rel_2-0-2
から/vendor/railsへSVNエクスポート

RedCloth3.0.4をインストール

rake RAILS_ENV=production db:retro:load

ruby script/server -e production
で起動する。
http://localhost:3000/
でアクセス

IDとパスワードを聞かれるので admin / passwordを入力。

【2】テーマ変更はこんな感じ。

ruby script/theme list

defaultは、黒と水色。
earth色のjoyを選んだ。
ruby script/theme install joy

【3】extensionもインストールした。

http://retrospectiva.googlecode.com/svn/extensions/1-1/
からSVNエクスポート。
但し、open_auth、http_authは外した。

下記を実行

RAILS_ENV=production ruby script/rxm install auto_locale
RAILS_ENV=production ruby script/rxm install project_drop_down
RAILS_ENV=production ruby script/rxm install remember_me
RAILS_ENV=production ruby script/rxm install scm_ticket_update
RAILS_ENV=production ruby script/rxm install timeline

再起動
ruby script/server -e production

【4】libsvn-ruby のインストール

ここによると、「libsvn-rubyをインストールしないと、Subversionとの連携ができないみたい」らしい。
実際、Retrospectivaの変更履歴タブ、ソースリポジトリタブが表示されない。

普通は、
yum install libsvn-ruby
でOK。

駄目なら、Subversionのソースを取ってきて、aprなどのユーティリティもmakeした後に下記を実行する。
詳細は、ここを参照。

./configure
make
make swig-rb
make check-swig-rb (テストを実行)
make install-swig-rb

その後、svnsync sync でミラーリポジトリを作成して、Retrospectivaの設定画面でリポジトリを指定するとOK。

【5】使った感想は、Redmineと違って、清楚なBTSのイメージ。

実際、Blog、Wiki、チケット管理、ソースリポジトリ、そして検索ぐらいの機能しかない。
Redmineの最大の特徴であるガントチャートやチケットのレポート機能は無い。
だから、Retrospectivaはプロジェクト管理機能は弱い。
ソース管理と連携したバグ管理よりも、お手軽な課題管理として使った方がいいかもしれない。

RetrospectivaはRailsアプリらしく、設定画面で順序をドラッグ&ドロップできたり、正常メッセージが半透明色などのように、ユーザビリティは良い気がする。
何となく可愛い。

Tracは確かに強力なBTSだけれども、RedmineやRetrospectivaのようにAjaxを使ったユーザビリティはイマイチな気がする。

BTSにはデフォルト色がある。
Tracは赤色。
Mantisは紫色。
Redmineは青色。
Retrospectivaは黒色又は茶色。

やっぱり青色好きとしては、Redmineが一番カッコいいBTSかな。


|

« BTSはソフトウェア開発の必須アイテム | トップページ | Redmineインストールメモ »

Redmine」カテゴリの記事

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/42447769

この記事へのトラックバック一覧です: Retrospectivaをインストールしてみる:

« BTSはソフトウェア開発の必須アイテム | トップページ | Redmineインストールメモ »