« 【告知】Redmineでチケット駆動開発を実践する~チケットに分割して統治せよ | トップページ | 何故、構成管理ツールが必要なのか? »

2008/11/06

チケット駆動開発はステータス追跡システム

チケット駆動開発はステータス追跡システムと思う。

チケットで作業ステータスを追跡できるのが最大の利点。

チケットの対象はバグ報告票だけでない。
機能追加、仕様変更、環境作り。
開発者から客への仕様の質問、客の問い合わせ、コードレビュー。

バグはもう直った?
NGのテストケースは今どうなっているの?
お客様から問合せがあったメールの件はどうなった?
この仕様の不明点はもう確認した?
コードレビューの指摘事項はSVNコミットした?

作業や質問のステータスをリアルタイムに知りたい。
全てはチケットファースト。

ステータスとワークフローを決めるのが本当のマネジメント。


|

« 【告知】Redmineでチケット駆動開発を実践する~チケットに分割して統治せよ | トップページ | 何故、構成管理ツールが必要なのか? »

Redmine」カテゴリの記事

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/43031291

この記事へのトラックバック一覧です: チケット駆動開発はステータス追跡システム:

« 【告知】Redmineでチケット駆動開発を実践する~チケットに分割して統治せよ | トップページ | 何故、構成管理ツールが必要なのか? »