« 【公開】KOF2008講演資料「Redmineでチケット駆動開発を実践する~チケットに分割して統治せよ」 | トップページ | 【告知】XP祭り関西2009でチケット駆動開発を講演します »

2008/12/16

Agile methodologies and Redmine

Redmineのフォーラムで、XPやScrumなどのアジャイル開発とRedmineの強い関係性を議論していた。
気になったのでメモ。
#あくまでも書きかけ。

【元ネタ】
Agile methodologies and Redmine

RedmineにXPの概念を機能追加できないか?という質問と回答のやり取り。
XPのイテレーションがRedmineのバージョンであること、ScrumのバックログがRedmineのチケット一覧であること、と喝破している。
素晴らしい!

The first feature of XP is iterative development process. In Redmine there are versions. So, we may use versions, as iterations. It is very good, (略)

The next important thing is Backlog. In reality it is issues list in Redmine. I.e. it is all issues (略)

XPのイテレーション計画はRedmineのロードマップそのもの。
XPはイテレーション単位で小刻みにリリースする。
Redemineもバージョン単位で小刻みにリリースする。

リリース後の終了チケット一覧は、Redmineでは問題タブにある変更記録という画面で表示される。
つまり、変更記録はChangeLogと全く同じ。
更には、Scrumのバックログに相当する。

XPのプラクティスや概念をRedmineの機能とマッピングできたら、Redmineをアジャイル開発のインフラの例とできるだろう。


だが弱点も言っている。
ストーリーカードとタスクカードをチケット管理にどのようにマッピングさせるか?

Each issue in XPlanner has subtasks. It is very good point. (略)

Sum of subtasks estimations - is estimation for the issue. It is very important, (略)

これは、親チケットを更に子チケットへ分割して紐づけた時、チケットの親子関係をビジネスルールとして実装できるか?という点。
普通、親チケットには元々の変更要求とその対策が書かれて、子チケットに各担当者の作業内容が書かれているだろう。
その場合、子チケットの作業期間と工数の合計と親チケットのそれが一致する制約がある。
更に、全ての子チケットのステータスが終了して初めて親チケットが終了になる制約もある。
それらのビジネスルールを実装するのは可能だろうが、BTSそのものとしては使いづらくなるかもしれない。


Redmineはタスク・トラッキング・システムだが、プロジェクト・トラッキング・システムではない。でも我々は、任意のレベルのプロジェクトにも使えるツールを必要としている、と言う指摘は的を得ている。

Redmine is task-tracking system, but we need project-tracking system. I.e. we need in good tools in a level of projects.


この思索を更に深めたい。

|

« 【公開】KOF2008講演資料「Redmineでチケット駆動開発を実践する~チケットに分割して統治せよ」 | トップページ | 【告知】XP祭り関西2009でチケット駆動開発を講演します »

Agile」カテゴリの記事

Redmine」カテゴリの記事

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

チケット駆動開発」カテゴリの記事

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/43439626

この記事へのトラックバック一覧です: Agile methodologies and Redmine :

« 【公開】KOF2008講演資料「Redmineでチケット駆動開発を実践する~チケットに分割して統治せよ」 | トップページ | 【告知】XP祭り関西2009でチケット駆動開発を講演します »