« PerforceによるSW構成管理 | トップページ | Redmine 0.8.0 release candidate! »

2008/12/07

Subversionを見直せ

SW構成管理の概念の中心は、バージョン管理。
バージョン管理こそが我々SW開発に従事する者にとって、背骨であり血液に当たる最重要なインフラ。
デスマーチに陥るプロジェクトは、バージョン管理に何かしらの欠点や弱点がある。

おそらく殆どのSW開発では、Subversionをバージョン管理に使っているが、Subversionは実は数多くの機能を持ち、従来のプロジェクト管理を根本的に変える可能性を秘めている。

もう一度、Subversionの機能を見直してみた。

【1】ムービー企画「Subversionによるバージョン管理入門」 WEB+DB PRESS Vol.39誌面連動ムービー|gihyo.jp … 技術評論社

最近のバージョン管理は、trunkとbranchの2系統のバージョン管理戦略を持つ傾向がある。
メインラインモデルと呼ばれる。

メインラインモデルの手法を使って、本番運用中の保守branchと新規開発中のtrunkの2本のラインを、緊急のバグ修正は保守branchへ、仕様変更や機能追加はtrunkへと使い分ける。
これによって、品質保持と機能追加という矛盾したSW開発が可能になる。

SVNの基本機能をムービーで説明してくれているので、初心者や開発チームに新規加入した開発者へ説明する時に役立つ。
僕は上記の記事で下記の機能をもう一度復習した。

1-1.trunkからリリースする時は、必ずtagでスナップショットを取り、バージョン付けした直後にbranchを作る。
そうすれば、tagとbranchには、過去のリビジョン履歴も受け継がれる。

1-2.ファイルやディレクトリの移動や複製は、SVNコピー機能を使う。
 SVNコピー機能によって、リビジョン履歴も受け継がれるので、その後の運用保守で役立つ。

1-3.マージ機能を使えば、機械的にロジックの一部を最新リビジョンへ追加できる。
 マージトラッキング機能を使えば、マージのUndo作業も可能。

【2】Enterprise Architect と Subversion の連携 - かおるんダイアリー

モデリングツールEnterprise Architect(EA)とSubversionを連携する機能について説明されている。
EAはおそらくUMLモデリングツールの中では、最も使いやすく機能も豊富。

EAには元々、マスターファイルへローカルファイルのモデル(クラス図、シーケンス図等)をマージする機能がある。
上記の記事で、UMLで設計したモデルもSVNでバージョン管理できる。

ExcelやWordもSVNで差分表示できるから、同様にUMLモデルも含めて、仕様書も積極的にSVNでバージョン管理すべき。
仕様書もソースと同じくバージョン管理すべき対象なのだ。

【3】エンタープライズ環境におけるSubversionの複製アーキテクチャ - japan.internet.com デベロッパー

Subversion 1.5.0 での新機能 (WebDAV Write Through Proxy)

SVNリポジトリを安全に保管するために、バックアップするのは重要。
SVNなら、リポジトリを全てエクスポートするよりも、svnsyncでミラーリング機能を使うのが普通だろう。

つまり、開発者はマスターリポジトリへコミットすると、更にpost-hookされて別サーバーにあるSVNリポジトリへリアルタイムにコミットするように設定する。
これによって、タイムラグが生じることなく、マスターリポジトリとミラーリポジトリがリアルタイムに同期される。

だが、このミラーリング機能を更に進化させたライトスループロキシ(WebDAV Write Through Proxy)という機能がある。

最近、優秀な一部の開発チームは、Gitなどの分散バージョン管理を導入している。
分散バージョン管理の利点は、開発中のまだ検証されていないコードラインをローカルでバージョン管理できて、ビルドされていつでもリリース可能なメインラインへいつでもコミットできる点だろう。

特に最近のオープンソース開発のように、trunkにコミットできる開発者は一部のコミッタだけで、別のハッカーがソースにパッチを当てて動かしたい時に、分散バージョン管理の環境があると嬉しいだろう。

上記の記事は、ライトスループロキシというSVNの機能を使うと、複数のSVNリポジトリとsvnsyncを組み合わせることによって、更新可能なマスターリポジトリと読み取りOnlyのミラーリポジトリを作って、分散バージョン管理らしき環境を作ることができると説明している。

この方式を使って単純だが強力で高可用な性質を持つバージョン管理システムを構築することができる。


我々SW技術者は、バージョン管理というSW開発の最も根幹を成すプロセスを効率化し改善できないか、もう一度再考すべきだ。

|

« PerforceによるSW構成管理 | トップページ | Redmine 0.8.0 release candidate! »

Git・構成管理」カテゴリの記事

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/43346628

この記事へのトラックバック一覧です: Subversionを見直せ:

» Subversionのシステム構成を考えてみた [フジハラボ -- 目指せ!スーパーエンジニア]
全社的にSubversionを使えないか調べているんだけど、その構成に関する資料... [続きを読む]

受信: 2008/12/12 22:41

« PerforceによるSW構成管理 | トップページ | Redmine 0.8.0 release candidate! »