« Redmineを使って気付いたことpart7~イテレーションで追跡する | トップページ | イテレーション毎の開発速度 »

2009/02/08

るびまにて関西Ruby会議01@関西-KOF2008を公開

るびまに昨年の関西Ruby会議01@関西-KOF2008の記事が公開されました。

Rubyist Magazine - RegionalRubyKaigi レポート (03) 関西 Ruby 会議 01

るびまと言えば、日本のRubyの総本山。
何か恐れ多いです

なお、Ruby1.9.1の開発はRedmineで管理されています。
Redmineを使った開発の例として参考になります。

Ruby Issue Tracking System

Ruby1.9のロードマップは下記の通り。
開発の進捗がリアルタイムに分かります。

Ruby 1.9 - ロードマップ - Ruby Issue Tracking System

Ruby1.9のチケット集計結果(サマリ)は下記の通り。
過去、現在そして将来のバージョンやチケットの動向をリアルタイムに把握できます。

Ruby 1.9 - Ruby Issue Tracking System サマリ

Ruby1.9のリリース結果は下記の通り。
変更記録はChangeLogそのものなので、どのバージョンにどんなチケットが反映されているか追跡できます。

Ruby 1.9 - Ruby Issue Tracking System 変更記録

Ruby1.9のリポジトリ統計は下記の通り。
開発者毎の貢献度合いや開発の活発具合を見れます。

Ruby 1.9 - リポジトリ - 統計 - Ruby Issue Tracking System

Rubyの実際の開発が見える化されているので、興味深いです。

個人的には、TracよりもRedmineに大きなポテンシャルを感じてます。


|

« Redmineを使って気付いたことpart7~イテレーションで追跡する | トップページ | イテレーション毎の開発速度 »

Agile」カテゴリの記事

Redmine」カテゴリの記事

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

チケット駆動開発」カテゴリの記事

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/43994691

この記事へのトラックバック一覧です: るびまにて関西Ruby会議01@関西-KOF2008を公開:

» 【公開】KOF2008講演資料「Redmineでチケット駆動開発を実践する~チケットに分割して統治せよ」 [プログラマの思索]
関西Ruby会議01@関西-KOF2008講演資料「Redmineでチケット駆動開発を実践する~チケットに分割して統治せよ」を公開します。 CC Attribution ライセンス [続きを読む]

受信: 2009/02/08 11:56

« Redmineを使って気付いたことpart7~イテレーションで追跡する | トップページ | イテレーション毎の開発速度 »