« TestLinkの弱点~マイルストーン管理 | トップページ | アジャイル開発は受託開発の方が向いている »

2009/06/27

チケット駆動開発はソフトウェア開発のERPを目指す

家計簿ソフトをいじりながら思ったこと。

家計簿ソフトは最終的には、財務システムにつながる。
本質は複式簿記。

日々の収入、支払いというトランザクションは、勘定科目に分類される。
勘定科目は、BSという観点で、資産・負債のメトリクスを出力する。
企業の家計簿は、四半期ごとのPL・BSを出すためにある。

TiDD(チケット駆動開発)のチケットは、基本はタスクカード。
チケットは開発チーム内部の日々の作業記録。

ストーリーカードは、チケットの発生源。
ストーリーカードを勘定科目に喩えたら、顧客価値がより一層理解しやすくなるのでは?

顧客向けの進捗報告がストーリーカードの観点ならば、それはBSそのもの。
開発したシステムの資産と負債を現すのではないか?

TiDDでは、チケットの属性に担当者、予定・実績工数を入力できる。
これによって、担当者の単価を元に工数と人月を集計すれば、プロジェクトの原価・コスト・利益を自動集計することができる。

TiDDによって、SWプロジェクトの作業を開発者の観点で管理できるだけでなく、SWプロジェクトに関するお金の流れ、システムの価値も追跡できるようになるはずだ。

TiDDを突き詰めれば、最終的には、ソフトウェア開発のERPになりうるはずだ。

|

« TestLinkの弱点~マイルストーン管理 | トップページ | アジャイル開発は受託開発の方が向いている »

Redmine」カテゴリの記事

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/45471915

この記事へのトラックバック一覧です: チケット駆動開発はソフトウェア開発のERPを目指す:

« TestLinkの弱点~マイルストーン管理 | トップページ | アジャイル開発は受託開発の方が向いている »