« Redmineを使って気付いたことpart8~チケット駆動開発の先にある世界 | トップページ | ソフトウェアタグ »

2009/06/13

東京と名古屋のRedmine勉強会

東京のRedmine勉強会が昨夜開かれた。

Redmine勉強会で発表してきた - Sooey

events.php.gr.jp - Redmine勉強会

Redmine勉強会は盛り上がりました! - yandodの日記

内容を読んでいると、行きたかったなあ~。

「完璧なRedmineなど存在しない」資料では、Redmineを半年運用した結果、

プロジェクト数:18
チケット総数:1696
ユーザ数:22

と公表されている。

この数値を見る限り、大規模チームでもRedmineは十分に運用に耐えれるようだ。
Redmine導入マニュアルも作っているらしいので、公開されたら見てみたい。

チケットの登録における分類(トラッカー、バージョン、ステータス、カテゴリ、作業分類など)は、サマリで数値で出力されると嬉しい単位にすればいいと思う。
TiDDの利点の一つは、チケット集計結果を自動出力してくれること。
自動集計の機能のおかげで、毎週だけでなく毎日の進捗報告を自動出力できるから、プロジェクトマネジメントの意思決定に使える。

TiDDを突き進めると、チケットというマスタデータをいかに綺麗なフォーマットで大量に用意するか?という問題に置き換えられると思う。
チケットのデータが綺麗で揃っているほど、運用保守や進捗報告で大きな威力や意外性を発揮する。

また、名古屋でもTiDD入門が開かれる!

第13回勉強会『チケット駆動開発入門』ご案内 - 名古屋アジャイル勉強会 - Yahoo!ブログ

TiDDは今、日本で最も注目されているのかな?

|

« Redmineを使って気付いたことpart8~チケット駆動開発の先にある世界 | トップページ | ソフトウェアタグ »

Redmine」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/45324124

この記事へのトラックバック一覧です: 東京と名古屋のRedmine勉強会:

« Redmineを使って気付いたことpart8~チケット駆動開発の先にある世界 | トップページ | ソフトウェアタグ »