« TortoiseHgでExcelの差分を見る方法 | トップページ | ソフトウェア開発はオーバーヘッドが大きい »

2009/08/11

1回のリリースは100回のレビューに勝る

聞き伝手で、とある人の名文言をメモ。

1・「1回のリリースは、100回のレビューに勝る」

SW開発は、要件がリリース直前まで確定されず、コロコロ変わる。
完璧なWBSそのものを作るのが難しい。

要件定義書や設計書を完璧に仕上げるよりも、早めにリリースして、顧客からフィードバックを受ける方がはるかに有意義な時が多い。

大規模プロジェクトほど、顧客と開発者の間の距離は遠くなり、伝言ゲームになりがち。
レビューで品質を上げるのも大事だが、早くリリースしてシステムを稼動させた方が、開発者自身も仕様の意味を理解しやすくなる。

但し、適当に仕上げてリリースしてしまえばいい、というわけではない。
小規模リリースのプラクティスに従って、スコープの範囲を絞り、イテレーション単位で小刻みにVerUpしていく戦略を採るのが重要だ。

2・「要求は数えられたら品質が上がる」

要件定義書は散文風に絵入りで渡される時が多いが、すごく使いづらい。
要件管理IDが振られた要件定義書があれば、そこから受入テストのテスト仕様書を作ることができる。

更には要件カバレッジが測定できるから、テストケースが全ての要件を網羅しているか、どの要件でバグが頻発しているか、を探ることができる。

そもそも、品質には機能、つまり要求の実現も含まれているのだ。

|

« TortoiseHgでExcelの差分を見る方法 | トップページ | ソフトウェア開発はオーバーヘッドが大きい »

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/45901430

この記事へのトラックバック一覧です: 1回のリリースは100回のレビューに勝る:

« TortoiseHgでExcelの差分を見る方法 | トップページ | ソフトウェア開発はオーバーヘッドが大きい »