« SVNリポジトリの管理方法 | トップページ | チケット駆動開発のベストプラクティスを収集したい »

2009/09/06

入門Mercurialの感想

Mercurial本「入門Mercurial Linux/Windows対応」の著者フジワラさんから献本して頂いたので感想をメモ。

【元ネタ】
Mercurial の利用

特集:Mercurialではじめる分散構成管理|gihyo.jp … 技術評論社

スィンプロ (sinproject) Windows Vista 環境で TortoiseHG(Mercurial)を利用してバージョン管理とバックアップを行う (3)

ダウンロード - TortoiseHg - SourceForge.JP

入門Mercurial Linux/Windows対応」は分散バージョン管理Mercurialの入門本。
平易に書かれていてとても読みやすい。
また、Mercurialのコマンド一覧が付録にあるので、リファレンスとしても使える。

エピローグに「あ!構成管理って楽しいんだ?!」という節がある。
MercurialはCVSやSubversionと違って、オフラインのノートPCでも共有リポジトリと関係なくバージョン管理できるおかげで、コミットがすごく楽しかった。
ついに自由を獲得できた、と思った。

そして、構成管理にまつわる問題の本質は、「構成管理が面倒」であることではなく「面倒なツールで構成管理をしていたこと」に気付いた。
そのおかげで、構成管理が楽しい!と思うようになった、とのこと。

経験談としてすごく納得できる。
僕も、TortoiseHgを使い始めて、オフラインのノートPCで簡単にバージョン管理でき、外付けHDにバックアップ代わりにミラーリングできるようになった。
更に、Redmine+TortoiseHgでプライベートなタスク管理が簡単にできあがった。
だから、作業がすごく楽しくなった。

優れたツールが開発のあり方まで変えてしまう。
ツールがプロセスを改善する。
優れた技術力こそが、SW開発が抱える諸問題の難易度を下げて、一つずつ解決の方向へ進めさせてくれる。

|

« SVNリポジトリの管理方法 | トップページ | チケット駆動開発のベストプラクティスを収集したい »

Git・構成管理」カテゴリの記事

IT本」カテゴリの記事

Mercurial」カテゴリの記事

Redmine」カテゴリの記事

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

コメント

感想ありがとうございます&コメント遅れて済みません。

「構成管理が楽しい!」という感覚は、
体験してみないとわからないので、
なかなか説明が難しいんですよねぇ。

今後も Mercurial 普及の尖兵として(笑)よろしくお願いします。

投稿: 藤原 | 2009/10/25 00:41

◆藤原さん

献本ありがとうございました!
Mercurialをもっと使いこなしていきたいと思います。

投稿: あきぴー | 2009/10/25 19:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SVNリポジトリの管理方法 | トップページ | チケット駆動開発のベストプラクティスを収集したい »