« アジャイル開発のFAQ | トップページ | チケット駆動開発の運用例part3 »

2009/09/24

ソフトウェア開発の諸問題はソフトウェアで解決する

要件とソースとテストを関連付けて管理する開発保守環境構築をめざしてBy Suzuki 」というスライドを偶然見つけた。
どうやら2005年頃の発表資料らしい。

課題と今後の目標
* ソースと要件の結びつけはできる
* でも、テストケースとソース、 テストケースと要件の結びつけが できていない
* テストケースのバージョン管理って どうやればいいんだろう?
* ツールは?
* エクセルはもう使いたくない

この回答は僕は持っている。
TiDD+TestLinkがその答えになる、と。


下記の記事を偶然見つけた。

プロジェクト管理は専用ツールを使うのが鉄則 - TechTargetジャパン

(前略)
プロジェクトマネジャーがプロジェクト管理専用のツールを使わない場合、それは彼らがしかるべき教育と訓練を受けていない証拠なのだ。
 WordやExcelを使ってプロジェクト管理を行うと、間違いなくビジネス全体に悪影響がある。例えば、リソースの利用可能量やプロジェクトの状態、プロジェクトポートフォリオ全体の健全性が見えにくくなってしまう。プロジェクトの観点から見ると、プロジェクト管理ツールを使わないことによる大きな弊害は、きちんとしたスケジュールを持たず、個別のタスクを管理するだけになってしまうことだ。プロジェクトの規模が大きい場合や、リソースに制約がある場合、期限が厳しい場合、作業の依存関係が多い場合には、これではリスキーだ。
(後略)

以前のソフトウェア開発では、期間も長く、資金も潤沢にあった。
そして何よりも、コンピュータ資源のコストが高く、誰もが湯水のように使える代物ではなかった。
だから、ツール無しで開発するのが普通だった。
プログラミングも机上デバッグが普通だったし、プロジェクト管理もマネージャ個人の能力に依存していた。

しかし、現在のソフトウェア開発は短納期で低コストで開発せねばならない。
従来と全く異なる条件は、コンピュータ資源のコスト、プログラミングのコストが劇的に安いことだ。
Webサーバーは素人でも1万円以下で構築できるし、Railsのような優れたWebフレームワークのおかげで、技術力さえあれば簡単にWebアプリを作れる。

現在のソフトウェア開発がSubversionやGit、Mercurialのようなバージョン管理無しで開発できないように、プロジェクト管理もRedmineやTracのようなツール無しではマネジメントの品質も落ちる。
更に、テスト工程におけるテスト計画・実施・集計のようなテスト管理も、TestLinkのようなツール無しでは、プロセスの品質を担保できない。

これらのツールには、マネジメントのベストプラクティスが含まれている。
ツールを使いこなせば自然に誰でもマネージャとして意思決定できる。

昨今のわずか20人月のソフトウェア開発でも、LOCは数万行を軽く超えて、テストケースは数千を超える。
これだけ複雑になったソフトウェア開発のプロジェクト管理を、Excel上でチマチマと手作業で管理するのはもはや現実的ではない。

巷にはソフトウェア開発のプロジェクト管理、テスト管理、品質管理、ソフトウェア工学に関する本が溢れている。
でもそれらは殆どが抽象的過ぎて、実際の現場で運用するにはハードルが高い。
特にソフトウェア工学に関する知識は、とても勉強になるが、実際の現場では使いづらい。
ソフトウェア信頼性モデル、要件カバレッジ、テストカバレッジ、障害管理などいずれの概念も、ツール無しでは実現できない。

ソフトウェア開発の諸問題は、過去の経験から得られたノウハウを専用のツールの機能へ実装して、そのツールで解決していくしか方法がないのではないか?

ツールでプロセスを改善する。
ソフトウェアでソフトウェア開発の諸問題を解決していく。

|

« アジャイル開発のFAQ | トップページ | チケット駆動開発の運用例part3 »

Agile」カテゴリの記事

Git・構成管理」カテゴリの記事

Mercurial」カテゴリの記事

Redmine」カテゴリの記事

TestLink」カテゴリの記事

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

チケット駆動開発」カテゴリの記事

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/46301526

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトウェア開発の諸問題はソフトウェアで解決する:

« アジャイル開発のFAQ | トップページ | チケット駆動開発の運用例part3 »