« オープンソースのプロジェクト管理ツールの方が優れている理由 | トップページ | ITILのプロセス関連図 »

2009/10/10

アジャイル開発の最後の弱点

テスト工程のマネジメントは、ソフトウェア開発の上流工程におけるプロジェクトマネジメントよりもはるかに難易度は高い。
TestLinkを使ってみると、Redmineの運用よりもはるかに難しい。
一つでもバグが出るたびにブロックが発生して、前進できないのだ。

ブロッキングバグをストッピングバグとも呼ぶ事実を今夜初めて知った。
テストでは、ブロッキングバグ修正の優先順位付けがとても重要。
ブロッキングバグが直れば、ブロックした大量のテストケースを再開できるからだ。

そして、テストにもクリティカルパスがある。
プロジェクト管理の基本はクリティカルパスの管理だから、テスト工程のそれを見つけて、意思決定を間違えないように管理するのが凄く大事。

テストと品質保証はアジャイル開発の最後の弱点。
チケット駆動開発によって、SW開発のタスク管理やワークフロー管理はスムーズになる。
しかし、テスト工程では、チケットとテストケースは概念が全く異なるため、チケット駆動開発の効果が出ない。

もう少し考えてみる。

|

« オープンソースのプロジェクト管理ツールの方が優れている理由 | トップページ | ITILのプロセス関連図 »

Redmine」カテゴリの記事

TestLink」カテゴリの記事

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/46445035

この記事へのトラックバック一覧です: アジャイル開発の最後の弱点:

« オープンソースのプロジェクト管理ツールの方が優れている理由 | トップページ | ITILのプロセス関連図 »