« チケット駆動開発でメトリクス採取コストを下げる | トップページ | 開発に30分、テストに10万年 »

2009/11/28

C#からRedmineにアクセスする方法

C#からRedmineにアクセスする記事があったのでメモ。

【元ネタ】
.NETからRedmineへアクセスするライブラリを試してみた

Redmine Client

Redmine ClientはDLLであり、下記のAPIが使えるらしい。

Library:

* Using Redmine's web interface, thus not circumventing it's security
* Log-in to Redmine
* Get list of projects
* Get list of issues for selected project
* Get list of activities
* Get list of trackers
* Get list of users
* Get list of statuses
* Get list of priorities
* Get list of versions
* Get recent project activity
* Create new issues
* Report time spent on an issue

Client application:

* Measure time spent working
* Report time to Redmine
* Create new issues in Redmine

クライアントから、作業時間計測・実績時間報告・チケット登録ができるのは面白い。
RedmineのWebUIからRedmineを操作できるらしいから、RESTfulっぽい。
C#のRedmineクライアントを作る人は試してみてはどうだろうか?

|

« チケット駆動開発でメトリクス採取コストを下げる | トップページ | 開発に30分、テストに10万年 »

Redmine」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/46879739

この記事へのトラックバック一覧です: C#からRedmineにアクセスする方法:

« チケット駆動開発でメトリクス採取コストを下げる | トップページ | 開発に30分、テストに10万年 »