« Mercurialによるチケット駆動開発は強力だ! | トップページ | RedmineのMSProjectプラグインその他 »

2009/12/09

Redmineで要件管理、リスク管理ができるプラグイン

Redmine - Plugin List - Redmineを見ていたら、面白そうなプラグインがあったのでメモ。
#試していないのでメモ書き。

【1】Estimer Redmine - Estimer - Redmineは、Function Point・ユースケースポイント・Cocomo II の見積もりを計算できるらしい。
チケットにこれらの見積もりをアサインするのかな?
Function Point・ユースケースポイント・Cocomo IIの見積もりで使うモデルとチケットに同期が取れれば、チケットからモデル、そして見積もりの根拠まで追跡できる。

【2】RequMNGT Redmine - RequMNGT Redmine Wiki - Redmineはソフトウェア要求の管理や追跡やベースライン管理ができるらしい。
おそらくチケットに要求や要件を登録し、ベースラインをバージョンのように扱うものと思われる。
このプラグインが本当に機能するならば、要件管理もタスク管理も全てRedmineチケット上で操作すればいい。

【3】RiskMNGT Redmine - Risk MGNT Wiki - Redmineは、リスク管理とそのリスクの影響度合い、リスクから発生したインシデントを管理するらしい。
そもそもインシデント管理で重要な事は、顧客から大量に寄せられるあまり重要でない問合せは実は、少数の原因に落ち着くから、真の根本原因まで探る事にある。

つまり、ハインリッヒの法則 - Wikipediaが実は背後にある可能性がある。
このハインリッヒの法則は、1:29:300の法則とも言われていて、300件の些細なインシデントにつき1件の重大な事故が起きるというもの。

リスク管理は、重大な事故を起こさないように、その事故を発生させる要因を予防して、あらかじめ潰す事にある。

他にも、下記のプラグインが気になる。
やっぱり、ScrumのアイデアやPFのかんばんなどを実現するツールに興味が惹かれる。

Redmine - Backlogs plugin 0.0.1 (scrum/agile) - Redmine
Redmine - Redmine Blog Plugin - Redmine
Redmine - PluginKanban - Redmine
Redmine - PluginSchedules - Redmine
Redmine - Redmine Scrumdashboard plugin - Redmine
Redmine - PluginStuffToDo - Redmine
Redmine - Feature #443: Subtasking - Redmine

|

« Mercurialによるチケット駆動開発は強力だ! | トップページ | RedmineのMSProjectプラグインその他 »

Redmine」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/46979005

この記事へのトラックバック一覧です: Redmineで要件管理、リスク管理ができるプラグイン:

« Mercurialによるチケット駆動開発は強力だ! | トップページ | RedmineのMSProjectプラグインその他 »