« クラウドではソフトウェアの品質が課金の差として出てくる | トップページ | チケット駆動開発のアンチパターンpart2 »

2009/12/02

TracのscrumプラグインAgilo

TracのscrumプラグインAgiloの感想を見つけたのでメモ。

【元ネタ】
Agilo ファーストインプレッション - かおるんダイアリー

plugins/Agilo_ja - Shibuya.trac Wiki - Shibuya.trac - SourceForge.JP

「元がTracだったとは思えないほど大胆にTracをカスタマイズしてしまうAgiloの画面」という紹介もあるように、色鮮やかな画面とUIが特徴的。

解説を見る限り、下記の特徴があるように思われる。

・顧客の要望はプロダクトバックログに一旦貯蔵し、スプリント計画で各スプリントバックログへ移動する。
・バックログ(ストーリーカード)とタスク(タスクカード)に親子関係があるので、バックログにタスクを子供として追加する。タスクに作業期間や見積もり工数を記入し、メンバーをアサインする。
・スプリントに割り当てられたタスクから、ベロシティ(スプリントの開発速度)が得られる。
・バーンダウンチャートなどのチケット集計結果機能がある。

ソフトウェア開発のプロジェクト管理で最も難しい部分は、スプリント計画、つまりリリース計画を立てる部分だ。
顧客から届く大量の改善要望や障害報告から、優先順位をつけてリリース計画を立て、更にタスクへ分割して各イテレーションへアサインし、それらの作業状態をリリースまでずっと追跡していく作業はとても複雑になりがち。

どうしても手作業にならざるを得ないが、Excelでそれらの要望やタスクの状態を追跡するのは至難の業。
このいわゆる要件管理の部分は、大規模プロジェクトになるほど要件が爆発的に増える為、ツールでサポートしなければ手に負えなくなると思う。
というか、従来のプロマネはそもそもどうやって管理していたのか不思議なくらいだ。

|

« クラウドではソフトウェアの品質が課金の差として出てくる | トップページ | チケット駆動開発のアンチパターンpart2 »

Agile」カテゴリの記事

チケット駆動開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/46918807

この記事へのトラックバック一覧です: TracのscrumプラグインAgilo:

« クラウドではソフトウェアの品質が課金の差として出てくる | トップページ | チケット駆動開発のアンチパターンpart2 »