« 繰り返し開発の罠 | トップページ | Redmineの各機能から眺めたチケット駆動開発の課題 »

2010/01/24

プロジェクト管理ソフトウェア

プロジェクト管理ソフトウェアの解説があったのでメモ。
TracやRedmineも比較した結果が書かれている。

【元ネタ】
プロジェクト管理の選び方と使い方&プロジェクト管理×15 at Cool Coding

下記の内容が秀逸。

(前略)
とはいえプロジェクト管理の目的はプロジェクトを成功させるための道具であり、プロジェクト管理を運用することではありません。
意外とその点が理解されておらず、プロジェクト管理をメンテナンスするための工数が大きくかけられてしまっていたり、細かく管理することだけが目的化してしまっている現場もよく見かけます。
(後略)

ツールに踊らされて、マネジメント工数がかかりすぎて、開発チームの生産性が落ちるようならば無意味。
かと言って、ツール無しで、Excelや紙の障害報告票で進捗管理するのも現実的でない。

PMBOKには「プロジェクトマネジメント情報システム」(PMIS)という概念がある。
これは、プロジェクトマネジメント・プロセスのインプットとアウトプットを収集し、配布するためのツール。
上記のプロジェクト管理ソフトウェアもPMISの一部と見なしてもいいだろう。

開発者にいかにマネジメント工数を意識させずに、プロジェクト管理情報を収集して、プロジェクトの意思決定を支援できるようにするか?
チケット駆動開発では、開発者の実績報告や管理者向けの進捗報告を自動集計する機能があるから、それを上手く使えば、透過的に支援できるはず。

PMISを使って、いかにアジャイル開発の運用を楽にするか?
今はその問題を追いかけている。

|

« 繰り返し開発の罠 | トップページ | Redmineの各機能から眺めたチケット駆動開発の課題 »

ソフトウェア」カテゴリの記事

チケット駆動開発」カテゴリの記事

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/47383190

この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクト管理ソフトウェア:

« 繰り返し開発の罠 | トップページ | Redmineの各機能から眺めたチケット駆動開発の課題 »