« TortoiseSVNの差分比較でWinMergeを使う | トップページ | プロセス・エンアクトメント »

2010/02/18

Redmineの語源は赤い地雷源

Redmineを書いているBlogをメモ。

【元ネタ1】
でぃべろっぱーってへてむる: Redmineの上手な使い方2(あえて最適化しない)

でぃべろっぱーってへてむる: Redmineの上手な使い方(チケット・フォーラムの切り分け編)

下記の運用方法が参考になる。

「Redmineを(開発プロセスに)合わせるよりも、(開発プロセスを)Redmineに合わせてみる」
「Redmineの得意分野を知っておく」
「(Redmineは)何をするか、しているか、したか、を見える化するツール」
「チケットを発行する前にフォーラムで話し合う」

Redmineの運用がスムーズになると、目に見えない秩序のおかげで開発チームが安定しているような感覚になる。
多分それがチケット駆動開発であり、そのプロセスを他人に説明できるレベルにしようと僕は試みている。

【元ネタ2】
でぃべろっぱーってへてむる: この夏おすすめのRedmineテーマ: watersky

このテーマは夏の海のようで綺麗。
夏になったら使ってみたい(笑)

【元ネタ3】
でぃべろっぱーってへてむる: Redmineの語源はRed Lineじゃないのか

Redmineの語源は「赤い地雷源」だと思う。
RedはRubyの赤色。
mineはWindowsのゲームであるマインスイーパーと語源は同じ。ロシアのWebサイトで赤い洞穴のアイコンがあって、それで初めて気付いた。
Redmineは元々BTSだったから、バグ(地雷源)をRailsで管理するシステムという発想からきたんじゃないのかな。

|

« TortoiseSVNの差分比較でWinMergeを使う | トップページ | プロセス・エンアクトメント »

Redmine」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/47604372

この記事へのトラックバック一覧です: Redmineの語源は赤い地雷源:

« TortoiseSVNの差分比較でWinMergeを使う | トップページ | プロセス・エンアクトメント »