« XP祭り関西2010~XPの10年を振り返る | トップページ | Excelのプロジェクト管理は何故良くないのか »

2010/02/07

XP祭り関西2010~元気が出るチケット駆動開発

さかばさんの発表資料が公開されたのでメモ。

【元ネタ】
元気が出るチケット駆動開発 - 補完型TiDDの経験 - @XP祭り関西2010: ソフトウェアさかば

パッケージ製品開発でTracをシステムテストで使った時に、TiDDを導入した話で非常に参考になる。
興味深い点は2つ。
一つは、TiDDを適用した工程をシステムテストに限定したこと。
懇親会でも質問を受けたけれど、プロジェクトでいきなり全ての作業をチケットで管理する運用は難しい場合もある。
その場合は、まず障害管理の一つのツールとして導入して、テスト工程をコントロールするのに注力すればいいと思う。
昨今の開発でBTS無しでバグを管理するのは非常に難しいからだ。
また、バグ管理の運用にメンバーが慣れれば、開発の作業や問合せもチケットで管理したくなってくるだろう。

もう一つは、TiDDを導入したら、開発チームの風通しが良くなり、メンバーが自発的になってきたこと。
バグや技術ノウハウの情報がBTSに一元化されるので、コミュニケーションの材料になる。
更に、チケットをToDo管理のように扱えば、忘れそうなタスクを一旦チケットへ起票して、後で精査する運用にもなる。
すると、メンバーが自分の作業の為にチケットを使うようになる。

BTSというツールとTiDDという運用ルールを上手に組み合わせれば、効果が上がる。
ノウハウが積極的に公開されるといいと思う。

【補足】
XP祭り関西のログは「#xpjugkansai」タグでTwitterで流れてます。
是非追いかけてみて下さい。
Twitter / Search - xpjugkansai

|

« XP祭り関西2010~XPの10年を振り返る | トップページ | Excelのプロジェクト管理は何故良くないのか »

Agile」カテゴリの記事

ソフトウェア」カテゴリの記事

チケット駆動開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/47504160

この記事へのトラックバック一覧です: XP祭り関西2010~元気が出るチケット駆動開発:

« XP祭り関西2010~XPの10年を振り返る | トップページ | Excelのプロジェクト管理は何故良くないのか »