« Redmine運用例part3~OpenPNE3 | トップページ | XP祭り関西2010~XPの10年を振り返る »

2010/02/07

【公開】XP祭り関西2010発表資料「チケット駆動開発のプラクティス集」

昨日、XP祭り関西2010が無事に終了した。
多分150人近い参加者だったと思うので、大成功だった。
東京から長瀬さん、AgileJapanのebackyさんやミルズさん、日経BPの井上さん、XPJUGの倉貫さん、岡山からてつさん、福井から岡島さん。
東京や名古屋など遠方から結構な数の人が来てくれた。

関西はアジャイル開発のマーケットが十分にある手応えを感じた。

チケット駆動開発セッションも、懇親会で感想を聞くと評判が良かったみたい。
TiDDの事例や試行錯誤を聞けて興味深かったらしい。
実際にBTSを使っている人もいれば、今から試そうとしている人もいて、色んな観点で聞いていたようだ。

僕はWeb系開発でRedmine、さかばさんはパッケージ製品開発でTrac、小枝さんは組込製品開発でManitsを使って、TiDDを実践した事例を三者三様で話した。
僕も、二人の話は既に聞いていたけど、改めて聞き直すと、なるほどと思う部分が多い。

パネルディスカッションは、倉貫さんも交えて4人の体験談を話してみた。
倉貫さんが、RedmineでTiDDを実践するサイクルが遅いのでGoogleのスプレッドシートでタスク管理している、という話が出て盛り上がった。

でも、僕は納得していない(笑)
Excelの課題管理をGoogleのスプレッドシートでWeb化しただけで、Excelと何ら変りないから。
Excelでプロジェクト管理しているプロセスは、全てIT化できると確信しているから、WebでExcelを再現するのはおかしいと思っている(笑)

今日の評判を聞く限り、チケット駆動開発のマーケットも十分にあるみたい。
アジャイル開発が少しでも普及できればいいなあと思っている。

参加してくれた人達にありがとう!

昨夜の僕の発表資料を公開しておく。

【補足】
XP祭り関西のログは「#xpjugkansai」タグでTwitterで流れてます。
是非追いかけてみて下さい。
Twitter / Search - xpjugkansai

|

« Redmine運用例part3~OpenPNE3 | トップページ | XP祭り関西2010~XPの10年を振り返る »

Agile」カテゴリの記事

Redmine」カテゴリの記事

コミュニティ」カテゴリの記事

ソフトウェア」カテゴリの記事

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

チケット駆動開発」カテゴリの記事

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/47501546

この記事へのトラックバック一覧です: 【公開】XP祭り関西2010発表資料「チケット駆動開発のプラクティス集」:

» [TiDD] BTSがチケット駆動開発に向いている理由 [ソフトウェアさかば]
XP祭り2010のチケット駆動開発(TiDD)パネルで、倉貫さんがgoogleス [続きを読む]

受信: 2010/02/08 01:21

» XP祭り関西2010 [winplusの日記]
XP祭り関西2010 - XpjugWestWikiに行ってきた。 ■倉貫さんのメインセッション 「Point of SalseからPoint of Useへ」のくだりで非常に納得させられた。製造業的な Point of Salse のビジネスモデルを採用するのであれば一回で最高品質を達成しなければならないし、そ... [続きを読む]

受信: 2010/02/08 23:48

« Redmine運用例part3~OpenPNE3 | トップページ | XP祭り関西2010~XPの10年を振り返る »