« Agile2.0は何を解決しようとしているのか? | トップページ | IPAが書いたアジャイル開発の研究会報告書 »

2010/04/05

【公開】第13回すくすくスクラムIN大阪~スクラムを体感しよう第一弾~

XPJUG関西とすくすくスクラムの共催でセミナーが開かれます。
奮って応募下さい。

【元ネタ】
4月25日 第13回すくすくスクラムIN大阪~スクラムを体感しよう第一弾~

今回は関東を飛び出し、大阪で勉強会を開催します。
関東では見えない事や出会えない方と一緒に楽しく探求したい!

スクラム(Scrum)について探求されることはありますか。
スクラムは簡単に始められますが、やりかたやありかたは千差万別。
実は、スクラムは奥が深い。
素晴らしいスクラムもあれば、残念ながらそうでないスクラムもあります。
この差って一体、なんでしょうか。

スクラム(Scrum)について探求することで新たな知見がえられたり
もしかすると、あたなのチームや現場の活性化、現場改善のヒントが見つかるかもしれません。
一緒に、楽しみながら現場改善のヒントを探しませんか?
---------------------------------------

今回のすくすくスクラムのテーマは、「スクラムを体験しよう」
講師に(株)Odd-e Japan の Agile Coach : 江端一将(ebacky) さんをお迎えします。

内容は「各スクラムの基礎理論から、その理論を体験・探求するワークショップ」を行います。

1. 各スクラム基礎理論
2. その理論の体験・探求ワークショップ
3. その理論の振り返り
4. 1. ~ 3. を時間内繰り返し
5. 当勉強会全体の振り返り

参加資格は、一緒に楽しく現場改善を探求したいというお気持ちの方
知識なんて不要です。一緒に楽しくわいわい探求しましょう!
ぜひぜひ、お知り合いの方をお誘い合わせて、ご参加下さい。

|

« Agile2.0は何を解決しようとしているのか? | トップページ | IPAが書いたアジャイル開発の研究会報告書 »

コミュニティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/48009553

この記事へのトラックバック一覧です: 【公開】第13回すくすくスクラムIN大阪~スクラムを体感しよう第一弾~:

« Agile2.0は何を解決しようとしているのか? | トップページ | IPAが書いたアジャイル開発の研究会報告書 »