« Redmineユーザによるオンライン会議 | トップページ | ERPの落とし穴part1~SW開発ではない。要求開発だ! »

2010/05/15

分散バージョン管理の弱点は日本語対応

分散バージョン管理の日本語対応についてメモ。

【元ネタ】
TortoiseHg で日本語ファイル名 - あすかぜ・ねっと

GITとBazaarの個人的比較まとめ - namutakaの日記

Mercurialは、完全に日本語対応していない。
Gitはファイルパスに全角を使うと文字化けするらしい。
唯一、BazaarはUnicodeに完全対応している。

最近は、バージョン管理の対象が単なるソースコードだけでなく、ExcelやWordなどのドキュメント、ビルドスクリプト、ビルドモジュールなども含む。
だからこそ、日本語にも対応していて欲しいものだ。

しかし、分散バージョン管理はUnicode対応が完全ではない弱点がある。
おそらくCVSやSVNなどの中央集権バージョン管理に対する唯一の弱点だろう。

個人的には、分散バージョン管理を普及させるためにも、早く日本語にも完全対応して欲しいと思う。

|

« Redmineユーザによるオンライン会議 | トップページ | ERPの落とし穴part1~SW開発ではない。要求開発だ! »

Git・構成管理」カテゴリの記事

Mercurial」カテゴリの記事

コメント

私の環境では git では日本語ファイル名をなんの問題もなく取り扱えてます。
Windows 上では Cygwin 1.7 と git 1.7.0.4 で、Linux (Ubuntu 10.04 等) 上では git 1.7.0.4 です。
双方で同じファイルを push、pull しても問題ありません。
もしかしたら Tortoise Git で日本語のパスが化けるのかもしれませんが、私は使っていないのでわかりません。

投稿: bear.mini | 2010/05/17 16:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/48366535

この記事へのトラックバック一覧です: 分散バージョン管理の弱点は日本語対応:

« Redmineユーザによるオンライン会議 | トップページ | ERPの落とし穴part1~SW開発ではない。要求開発だ! »