« 弾言の感想 | トップページ | チケット駆動開発の概要と体験談 »

2010/05/24

分散バージョン管理のブランチは仮想フォルダ

Gitのコマンドを上手く喩えた記事があったのでメモ。

【元ネタ】
gitのbranchは「仮想フォルダ」と考えるといろいろうまくいく - IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログ

Aha! Moments When Learning Git | BetterExplained

◆ git checkout master
cd master

◆ git branch dev
cp * dev

◆ git merge dev
cp dev/* . (最後のピリオドに注意)

◆ git branch
ls

 同様に、リポジトリ作成は「mkdir」に相当するだろう。
 Mercurialのコマンドも上記に当てはめれば、分かりやすくなるはずだ。

|

« 弾言の感想 | トップページ | チケット駆動開発の概要と体験談 »

Mercurial」カテゴリの記事

Git・構成管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分散バージョン管理のブランチは仮想フォルダ:

« 弾言の感想 | トップページ | チケット駆動開発の概要と体験談 »