« Perlのお勧め本 | トップページ | Webプログラミングは何故オブジェクト指向でない?~WicketはWebプログラミングにオブジェクト指向を取り戻す »

2010/06/10

TortoiseHgはSVNクライアントとしても優秀

TortoiseHg1.0.4とhgsubversionを組み合わせると、簡単にTorotiseHgがSVNクライアントになる。
とても便利になったのでメモ。

【元ネタ】
TortoiseHgでSVNを使う方法: プログラマの思索

durin42 / hgsubversion / wiki / Home ― bitbucket.org

9. 他のバージョン管理システムとの相互運用 ― TortoiseHg v1.0.0 documentation

TortoiseHgでSVNリポジトリをチェックアウトできちゃった件 | endflow.net blog

durin42 / hg-git / overview ― bitbucket.org

MOONGIFT: ? MercurialでGitを扱う「the Hg-Git mercurial plugin」:オープンソースを毎日紹介

プログラムだろうが、Excelの仕様書だろうが、Wordの原稿だろうが、PPTの発表資料だろうが、ローカルでは全てTortoiseHgで管理している。
やっぱりバージョン管理は楽しい。
安心して修正できるし、コミットログを眺めるだけでも楽しい。

TortoiseHgの利点は、分散バージョン管理なので、ブランチのクローンを作ってマスタリポジトリと同期をとるのが簡単なことと、PushやPullなどでマージ作業が楽なこと。
Ver1.0以降、hgsubversionのパスを設定すれば、TortoiseHgがSVNクライアントに様変わりする。

使い方はこんなイメージ。
SVNをマスターリポジトリにして、TortoiseHgでローカルにリポジトリを作り、個人的なハックはローカルにコミットしておく。
最終的なソースをコミットする時は、SVNのマスターリポジトリへローカルリポジトリのリビジョンを指定してPushすればいい。
Gitにおけるgit-svnも同様の発想だろう。

他に、TortoiseHgからGitリポジトリへアクセスできるhg-gitもあるらしい。
こちらは試していないが、実用に耐えうるならば、サーバーのSCMが何であっても、クライアントはTortoiseHgだけで十分。

いろいろ試してみたい。

|

« Perlのお勧め本 | トップページ | Webプログラミングは何故オブジェクト指向でない?~WicketはWebプログラミングにオブジェクト指向を取り戻す »

Mercurial」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TortoiseHgはSVNクライアントとしても優秀:

« Perlのお勧め本 | トップページ | Webプログラミングは何故オブジェクト指向でない?~WicketはWebプログラミングにオブジェクト指向を取り戻す »