« IPAが公開した形式手法の調査報告書 | トップページ | ソフトウェア開発をサポートするツールの重要性 »

2010/08/11

データパターンの組み合わせからテストケースを自動生成するツール

データパターンの組み合わせからテストケースを自動生成するツールAssistAllpairが使い易かったのでメモ。
ラフなメモ書き。

【元ネタ】
デシジョン・テーブルを活用する

AssistAllpairの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

つれづれなる技術屋日記: 「AssistAllpair」がPICT生成も対応

組み合わせテストをオールペア法でスピーディに!:第2回 PICTの基本的な使い方|gihyo.jp … 技術評論社

テストケースの作り方: プログラマの思索

PICTで出力したテストケースをTestLinkへ取り込む: プログラマの思索

テストケースを作る場合、システムの状態遷移を元にテストケースを作る時が多い。
モデルを書けば、大抵、システムの状態遷移図も書いている。
状態遷移図は状態遷移表と同値だから、デシジョンテーブルへ落とし込める。

又、データパターンに基づいてランダムにテストしたい時もある。
データパターンが多いほど、テストケースは指数関数的に増えていく。
表形式でパターンが羅列している場合、テストケースを自動生成できれば、テスト設計に専念できる。

更に、システムテスト(又は総合テスト)では、下記のように、業務日付の単位でデータを投入&更新しながら、長期間実施して、本番運用に近い業務でテストすること。

投信振替システム 接続・総合テスト概要

■総合テスト

金融システムのシステムテストでは、本番運用に近いデータを長期間かけて作り込むので、それらのデータをモルモットデータと読んでいた。
実際、テストデータを本番運用に近い業務で育てていく感覚。

その時にやりたいのは、システムテスト(又は総合テスト)と呼ばれるテスト工程で、テストケース作成のコストを下げたい。
そしてそのテストケースをTestLinkにインポートして、テスト管理できるようにしたい。
PICTで出力したテストケースをTestLinkへ取り込む: プログラマの思索で、デシジョンテーブルさえできればTestLinkCnvMacroで簡単にTestLinkへ取り込めると分かっているから、テストケースをできるだけ自動生成したいのだ。

MSがフリーで公開してる組み合わせテスト自動生成ツールPICTをベースに、ExcelをWindowsクライアントAssistAllpairがある。
AssistAllpairはExcelマクロで公開されていて、右クリックで生成できてとても便利。
因子水準をGUIで取得できるみたいで、機能も色々あるみたい。

AssistAllpair+PICTで色々試してみたい。

|

« IPAが公開した形式手法の調査報告書 | トップページ | ソフトウェア開発をサポートするツールの重要性 »

TestLink」カテゴリの記事

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/49125254

この記事へのトラックバック一覧です: データパターンの組み合わせからテストケースを自動生成するツール:

« IPAが公開した形式手法の調査報告書 | トップページ | ソフトウェア開発をサポートするツールの重要性 »