« ハードなプロセス、ソフトなプロセス | トップページ | イテレーションはSW開発で何故重要なのか? »

2010/10/11

電子書籍の作り方part7

Webで気に入ったページをepub化して、iPhone/iPod touchで読めるようにするために、電子書籍化するプログラムをRubyで書いている。
下記のライブラリeeepubが使いやすそうなのでメモ。

【元ネタ1】
jugyo's eeepub at master - GitHub

iBooks用にRuby on Rails GuidesのePubを自炊してみた

epubは普通のHTMLを元に、ファイルの依存関係や目次を構造化するcontents.opfとtoc.ncxさえ作ればいい。
今は自作のRubyプログラムを作っているけど、汎用ライブラリを使った方が楽だ。

他にgepubというライブラリもある。
僕個人は、eeepubの方が直感的で分かりやすい。

買い物ログ別館: gepub アーカイブ

skoji's gepub at master - GitHub

又、テキストやRSSからepubを作るツールもネット上に存在する。
フィードやファイルが複数個ある場合、もう少しカスタマイズする必要があるだろう。

【元ネタ2】
text2epub-clj更新、行頭"!!"でePub目次設定。 : サルノオボエガキ

deltam's text2epub-clj at master - GitHub

「お前のブログをePubにしてやろうかぁ!」、feed2epub-clj作りました。 : サルノオボエガキ

気分が良くて何が悪い?| feed2epub-clj - RSSフィードを一発でePub形式に変換するコマンドラインツール

epubを作るには、デザイナーがデザインにこだわって作る方法と、上記のようにテキスト媒体をプログラムで直接自動生成する方法の2種類がある。
縦書きやルビにこだわる人達は、出版と同じレベルを目指しているのだろうが、僕個人はあまり重視していない。
むしろ、Webページやローカルに過去に貯めてきたテキストをいつでも電子書籍化して、好きな時に気楽に読める方がいい。

自分が書いた過去のBlogを電子書籍化して暇な時に読み返してみると、こんなことは過去に考えていたのか、と新たな発見をする時がある。
もっと気楽に電子書籍を楽しみたいのだ。

epubは目次があるので、興味のあるページにいつでも遷移できるし、検索も可能だから、ナビゲーションに優れている。
又、Stanza上でも、epubの文字を拡大できるし、HTML5のタグを使えば音声や動画の取り込みも可能だから、アクセシビリティにも優れている。
epubにはたくさんの可能性が秘められているように思う。

電子書籍の作り方については色々試してみる。

|

« ハードなプロセス、ソフトなプロセス | トップページ | イテレーションはSW開発で何故重要なのか? »

電子書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/49706784

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍の作り方part7:

« ハードなプロセス、ソフトなプロセス | トップページ | イテレーションはSW開発で何故重要なのか? »