« 「Redmineによるタスクマネジメント実践技法」の感想を集めてみた | トップページ | チケット駆動開発から発生したチームの変化 »

2010/10/19

TortoiseHg+hgsubversionの導入方法

TortoiseHg+hgsubversionの導入方法の記事があったのでメモ。

【元ネタ】
hgsubversionの導入 - 文殊堂

Gitはgit-svnという優れたツールがあるが、Mercurialはhgsubversionを使うといい。
但し、結構はまる。
上記の方法を試すと良いと思う。

git-svnやhgsubversionの利点は、中央集権SCMであるSVNをあたかも分散バージョン管理のリポジトリかのように扱えること。
マスターリポジトリはSVN、開発者のプライベートブランチはGitやMercurialと使い分けて、trunkから派生させて機能追加して実験したり、トピックブランチ上でパッチを作ったり、色々試せる。

特に、修正の順序とリリースの順序が異なる障害修正のパッチを従来よりも楽にコントロールできるのはよい。

Mercurial以前と以後のチケット駆動開発: プログラマの思索

また、構成管理ツールを使うと、やる気が出てくるという副次的効果もある。
作業履歴からいつでもUndo、Redoできるのは、自由に思索する時に都合がいい。

バージョン管理ツールを使うとやる気が出る: プログラマの思索

構成管理は実は、Agile開発と密接に関係する。
Agile開発は従来の開発スタイルよりも、マシンのリソースが有り余っているという時代背景と密接に関係しているからだ。
豊富なマシンリソースをふんだんに使って、本来のプログラミングに専念できる開発スタイルをAgile開発は目指している。

アジャイル開発が並行開発になる理由: プログラマの思索

プロジェクト管理=ソフトウェア構成管理: プログラマの思索

ソフトウェア構成管理に至るまでの道のり: プログラマの思索

アジャイル開発は構成管理ツールが必須条件だ: プログラマの思索

|

« 「Redmineによるタスクマネジメント実践技法」の感想を集めてみた | トップページ | チケット駆動開発から発生したチームの変化 »

Agile」カテゴリの記事

Git・構成管理」カテゴリの記事

Mercurial」カテゴリの記事

コメント

hgsubversion ここ暫く使っていますが、色んな落とし穴があります。特に revision graph の構造が一直線になっていない様な物を作ってしまうと svn 側に push 出来ないようです(README か何かに書いてあった気がします)

あと、Subversion swig binding が何かを leak している様子で、大きな svn repo. を clone すると Out of memory で落ちたりもします(コレには workaround があります -> http://ow.ly/2VP0J )

hgsubversion の中を覗くと、将来的には swig を辞めたい様子で、subvertpy が適切に install されている環境ではそっちを使うようです。手元では subvertpy 版で動かしていますが、微妙に速度が早い気がします。

投稿: objectx | 2010/10/19 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/49790646

この記事へのトラックバック一覧です: TortoiseHg+hgsubversionの導入方法:

« 「Redmineによるタスクマネジメント実践技法」の感想を集めてみた | トップページ | チケット駆動開発から発生したチームの変化 »