« 頻繁なVerUpがソフトウェア開発の本質 | トップページ | 「Redmineによるタスクマネジメント実践技法」の感想を集めてみたpart4 #tidd »

2010/11/09

「Redmineによるタスクマネジメント実践技法」の感想を集めてみたpart3 #tidd

Redmineによるタスクマネジメント実践技法」の感想を見つけたのでメモ。

【元ネタ1】
Redmineによるタスクマネジメント実践技法 - Luck is for losers

この本は良い本だと思います。
僕の考える良い本(技術書)の定義の一つは、
* 引用や参考文献がちゃんと載っていること
って思っていて、この本は参考文献などのリストが本文中にも書いてあるし、
最後の方のページにはリスト化して書いてあります。
だからこの本を読むと、この本がハブとなって、他の本の存在を知る事ができる。
(後略)

本の内容は独自のアイデアというよりも、コミュニティの人達や書籍から得たものが多かったので、参考文献と参考リンクは知っている限りの引用元を書きました。
ありがとうございます。

【元ネタ2】
[#TiDD] 二つのチケット駆動開発と「方法論」: ソフトウェアさかば

Amazon.co.jp: Redmineによるタスクマネジメント実践技法: 小川 明彦, 阪井 誠: 本

うまくまとまっていて読みやすかったけど、わりと得られるものは少なかった印象。Redmine と TestLink の使い方の研究レポートという感じでした。ひとつの開発方法論というには、まだ未成熟ではないでしょうか。今後に期待します。
(後略)

RedmineやTestLinkを題材に開発プロセスを分析するやり方で書いたので、確かにツールを使った報告内容が多いです。
参考になります。

他にもあったら探してみる。

|

« 頻繁なVerUpがソフトウェア開発の本質 | トップページ | 「Redmineによるタスクマネジメント実践技法」の感想を集めてみたpart4 #tidd »

IT本」カテゴリの記事

Redmine」カテゴリの記事

TestLink」カテゴリの記事

チケット駆動開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/49983604

この記事へのトラックバック一覧です: 「Redmineによるタスクマネジメント実践技法」の感想を集めてみたpart3 #tidd:

« 頻繁なVerUpがソフトウェア開発の本質 | トップページ | 「Redmineによるタスクマネジメント実践技法」の感想を集めてみたpart4 #tidd »