« 障害管理における重要度と優先度の使い分け | トップページ | SVNのコミットログの書き方 »

2010/11/27

TortoiseHgからBTSチケットへリンクできるようになった

TortoiseHgがTortoiseSVNと同様に、BTSのURLを設定しておけば、BTSチケットへリンクできるようになったのでメモ。

【元ネタ】
Better issue tracking with TortoiseHG and Kiln - Our Blog - Offroad Code - We make websites that work

TortoiseHgの設定画面で、Issue Tracking という項目が増えている。
Issue Tracking項目を開くと、ITS(BTS)のURLやチケットNoのリンクを設定できるようになっているので、ここに書けばよいようだ。
この方法を使えば、MercurialのコミットログからRedmine・Trac・MantisなどのBTSチケットへ簡単に連携できるようになる。

TortoiseSVNでは、下記の記事のようにBTSと連携する方法は既に知られていた。

ソフト/Bug Tracking/trac/TortoiseSVNやSubclipseとチケットを連動 - discypus

TortoiseHgもTortoiseSVNと同じように、VerUpするに従ってどんどん使い勝手が良くなっている。
個人的には、TortoiseHgはファイル毎の履歴表示が使いづらいのが唯一の欠点なので、改良して欲しいと思う。

|

« 障害管理における重要度と優先度の使い分け | トップページ | SVNのコミットログの書き方 »

Mercurial」カテゴリの記事

Git・構成管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TortoiseHgからBTSチケットへリンクできるようになった:

« 障害管理における重要度と優先度の使い分け | トップページ | SVNのコミットログの書き方 »