« 品質管理ツールSonarの記事 | トップページ | アジャイル開発のインフラを支える三種の神器 »

2010/12/15

【告知】SEA関西プロセス分科会で「TestLinkのベストプラクティス」を講演します

第43回 SEA関西プロセス分科会のご案内

--------------------------------------------------------
~~ 第43回 SEA関西プロセス分科会のご案内 ~~

テーマ1:チケット駆動開発による現場力の向上
講師  :阪井 誠 氏(株式会社SRA)
(「Redmineによるタスクマネジメント実践技法」著者)

テーマ2:TestLinkのベストプラクティス
講師  :小川 明彦 氏(XPJUG関西)
(「Redmineによるタスクマネジメント実践技法」著者)

テーマ3:なぜなぜ分析は、なんでうまくいかへんねん
講師   てふかん(テスト技術者交流会 関西勉強会)
角口 勝隆 氏
新美 崇宏 氏
渡辺 亮 氏


主催 :ソフトウェア技術者協会 関西支部 プロセス分科会

日時 :2011年01月15日(土) 13:00~17:00

会場 :大阪市立大学文化交流センター
〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-600
大阪駅前第2ビル6階 ホール
Tel 06-6344-5425 / Fax 06-6344-5524
大阪市立大学 - 文化交流センター
周辺略地図
大阪市立大学 - 文化交流センター

内容 :

前回の第42回「セーフウェア」から久々の開催となる今回は、土曜日の午後いっぱいを使っての、テーマ3本立てとなります。
前半は、先ごろ出版された書籍「Redmineによるタスクマネジメント実践技法」の著者お二人による、Redmineによるチケット駆動開発とTestLinkによるテスト改善に関する実践体験に基づいた講演です。
後半は、今年の ETWestコミュニティセッションに登場して好評を博したTEF(テスト技術者交流会)関西勉強会のみなさんによる「なぜなぜ分析は、なんでうまくいかへんねん」の続編として、さらに発展したセッションをお届けします。
様々な手法に関する情報が飛び交う中で、地に足のついた現場での実践に向けての貴重な情報共有と意見交換の場となることを期待しています。

13:00 ~ 13:10
開会挨拶と講演者紹介

13:10 ~ 13:55 講演1
チケット駆動開発による現場力の向上
講演者:阪井誠氏(SRA)

ソフトウェア環境が進化するにつれて高機能なシステムを短期間に構築することが可能になりました。その反面、その開発作業はより複雑で大変なものになり、気合、根性、規律が必要な場面が増えてきました。
チケット駆動開発では、
(1) 障害管理ツールのチケットでタスク管理する
(2) 構成管理ツールなどのツール連携によって自動化と履歴管理をする
(3)ワークフローで手順もれをなくす
ことが可能です。
今回は、このようなチケット駆動開発の概要と、チケット駆動開発の導入によって、プロジェクトが混乱を脱して、元気になった事例を報告します。

14:05 ~ 14:50 講演2
TestLinkのベストプラクティス
講演者:小川明彦氏(XPJUG関西)

昨今のソフトウェア開発では、設計やプログラミングなどの上流工程の技術革新が著しい一方、テスト管理や品質管理が軽視されている傾向が見受けられます。
この状況に対し、XPを代表とするアジャイル開発手法は単体テスト工程にテスト駆動開発や継続的インテグレーションという新しい概念を導入しましたが、結合テスト以降のテスト工程には適用しづらく、品質保証に不十分な面があります。
本講演ではこれらの問題に対し、アジャイル開発とテスト管理ツールTestLinkを組み合わせて効果的に運用した経験を踏まえて、テスト管理に関するベストプラクティスについて解説します。

15:00 ~ 16:20 講演3
ウワサの3人が登場!
なぜなぜ分析は、なんでうまくいかへんねん? リターンズ
講演者:TEF関西 角口勝隆氏、新美崇宏氏、渡辺亮氏

ソフトウェア開発の現場では、些細なミスがきっかけで大きな損失を被ることもある。
失敗を繰り返さないために、「なぜ?」を5回繰り返して原因分析をすれば良いと言われるが、案外簡単なようで、時にはとんでもない分析結果を導き出すこともあり、実際に行ってみると難しいものである。
当セッションは、「なぜなぜ分析」のアンチパターンから学ぶ、最低限失敗をしないためのポイント解説と、失敗分析理論について考察をする。
Part1:アンチパターン
Part2:分析理論

16:30 - 17:00 質疑応答・ディスカッション

※講演者の都合により、講演の順序が変更となる場合があります。
ご了承ください。

参加費用:
(参加費のみ)
SEA正会員:1,500円,SEA賛助会員:1,500円,
学生:1,000円,一般:3,000円
(書籍付:申し込みは1月8日まで)
SEA正会員:4,000円,SEA賛助会員:4,000円,
学生:3,500円,一般:5,500円

定員 :120名

申込方法:
以下のペ‐ジからお申し込みの受付を行っております.
Application - Kikuno Laboratory
### 01/13(木)までにお申し込みください(書籍付は1/8まで) ###

今回は書籍「Redmineによるタスクマネジメント実践技法」付きのセット価格を用意しました(定価3,444円)。
セット価格をご希望の方は、申込みフォームの最後の「分科会のテーマに関するご要望などをご自由にどうぞ」の欄に「Redmine書籍セット希望」とご記入下さい.
★注意★
出版社との手続きの都合上、書籍セットでの参加申込みは1/8(土)までにお願い致します。
また、欠席で当日お渡しできなかった場合は後日発送させていただきますが、送料はご負担願います。

ご注意)
・受付は先着順で,定員になり次第〆切とさせていただきます.
申込受付後のキャンセルは原則としてお断りします.
・メール,FAXなどWebページ以外からの申し込みは受け付けておりません.
・お申し込みの受付け後,確認メールが自動的に返送されます.
確認メールを印刷し,当日受付時に持参ください.
・申し込み手続きについて不明点などございましたら下記までご連絡ください.
seakansai-req@sea.jp
・参加費は当日会場受付にて現金でお支払いください
領収書が必要な方は,申し込み時に「領収書要」にチェックしてください.

-------

【談】
Redmineによるタスクマネジメント実践技法」はRedmineとチケット駆動開発に関するお話がメインではありますが、実はTestLinkによるテスト管理も1/3の頁数を費やして書いてます。
意外にも(?)、テスト管理や品質管理の技法は日本のSIの現場の一部ではよく知られていて、ノウハウが結構たまっています。

僕自身、TestLinkを運用してみて、テスト管理や品質管理の奥深さを随分経験することができました。
今回は、チケット駆動開発のお話はさかばさんにお任せして、TestLinkを過去2年以上運用して経験したこと、理解したこと、思索したことについて語ってみます。

|

« 品質管理ツールSonarの記事 | トップページ | アジャイル開発のインフラを支える三種の神器 »

TestLink」カテゴリの記事

コミュニティ」カテゴリの記事

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/50303707

この記事へのトラックバック一覧です: 【告知】SEA関西プロセス分科会で「TestLinkのベストプラクティス」を講演します:

« 品質管理ツールSonarの記事 | トップページ | アジャイル開発のインフラを支える三種の神器 »