« データモデル表記読み替えハンドブック | トップページ | Redmineでコミットメッセージによる作業時間の記録が可能 »

2011/01/22

「Redmineによるタスクマネジメント実践技法」の感想を集めてみたpart10 #tidd

Redmineによるタスクマネジメント実践技法」の感想を見つけたのでメモ。

【元ネタ】
Redmineによるタスクマネジメント実践技法 - takeboruta’s Blog

(引用開始)
諸々の細かい部分は本書を参考にすれば良いと思いますが、一番のメリットだと思っているのは、開発に関わるコミュニケーションと見える化です。作業の抜けを出来る限りなくし、端折ることがなければ、チケット、タスクを管理しているリーダだけではなく、開発メンバー全員が知る事ができます。
見える化のいいところは、「見えるものは制御できる」と本書でも述べていますが、見える化は、人間的、アナログ的な良さがあり、自分の担当ではなくても、関連するチケットに注目し、助け合うことが容易にしやすいことも重要だと思います。担当の切り分けがチケット単位なので手伝いやすい、チケットを自分がもらう、渡すも分かりやすいです。
後は、チケットの運用者が、慣れていき、同じような使い方、メリットを感じていることも大事な要素だと思います。やはり、複数人で開発などを行う時には、何人か同じメンバーがいて運用方法などの共有ができることが望ましいですが、そうもうまく行かない事が多いと思うので、ワークフローを確立しておくことも非常に大事だと思います。
(引用終了)

感想ありがとうございます。
見える化がコミュニケーションやマネジメントにも役立つという指摘がとても参考になります。

Redmineによるタスクマネジメント実践技法」に書いた内容は著者の経験や思索をまとめあげたものに過ぎないので、もっと素晴らしい運用方法を持っている人たちも多いと思います。
そういう運用ノウハウを、コミュニティやネットのようなオープンな場で議論してプラクティスや概念としてまとめあげられれば、他者に役立つ知識になるだろうと思います。

他にもあったら探してみる。

|

« データモデル表記読み替えハンドブック | トップページ | Redmineでコミットメッセージによる作業時間の記録が可能 »

Redmine」カテゴリの記事

チケット駆動開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/50657376

この記事へのトラックバック一覧です: 「Redmineによるタスクマネジメント実践技法」の感想を集めてみたpart10 #tidd:

« データモデル表記読み替えハンドブック | トップページ | Redmineでコミットメッセージによる作業時間の記録が可能 »