« Redmineのロードマップにある進捗率の意味 | トップページ | エスカレーションをRedmineで運用する方法 »

2011/01/12

Tracのマイルストーンを階層化する

Tracのマイルストーンを階層化する方法が書かれた記事があったのでメモ。

【元ネタ】
Tracのマイルストーンを階層化する - Hirohiroの日記

Tracのマイルストーンを階層化したい - Basic

ExtendedVersionPlugin - Trac Hacks - Plugins Macros etc. - Tracを使うと、Tracのバージョンとマイルストーンを1対Nの関係で関連付けしてくれるらしい。

この機能はTracによるチケット駆動開発をAgile化するのに重要な機能だと思う。
理由は、このプラグインによって、Tracのバージョンをビルドモジュールのリリース予定バージョンに紐づけることができて、更にイテレーションの階層化を実現出来るからだ。

これによって、ビルドモジュールからのトレーサビリティを容易に実現できるし、Tracのマイルストーンを内部リリースや段階リリースに置き換えることで、小刻みにリリースしながら機能拡張していく小規模リリースのプラクティスのバリエーションを増やすことができる。

Tracのバージョンやマイルストーンは正直使いづらかったけれど、上記プラグインがあれば、Redmineよりもチケット駆動開発を強力に運用できるようになるかもしれない。

|

« Redmineのロードマップにある進捗率の意味 | トップページ | エスカレーションをRedmineで運用する方法 »

Agile」カテゴリの記事

Redmine」カテゴリの記事

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

チケット駆動開発」カテゴリの記事

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/50562459

この記事へのトラックバック一覧です: Tracのマイルストーンを階層化する:

« Redmineのロードマップにある進捗率の意味 | トップページ | エスカレーションをRedmineで運用する方法 »