« 仕様書からシステムが動くXEAD Driver | トップページ | 【公開】XP祭り関西2011講演資料「Agile開発のスケールアップ~Agile2.0を支えるチケット駆動開発」 #xpjugkansai »

2011/02/04

Redmineから分岐したChiliProject

Redmineの主要コミッタであったEric Davisが、Redmineから分岐したChiliProjectを作り始めた。
リンクをメモ。

【元ネタ】
Twitter / @yusuke-kokubo: EricがRedmineをforkするらしい。経緯を考えるとすごく残念な話だ。 “@edavis10: It's official, Redmine has been forked. Long live @chiliproject http://bit.ly/f7ATi1”

ChiliProject - Why Fork - ChiliProject

RedmineはVer0.9からVer1.0まで、リーダー的コミッタであったフランス人が休んでいる間、アメリカ人のEric Davisがメンテナンスして、昨年秋にリリースにこぎつけた。
Redmineの各機能のリファクタリングも行い、チケットの親子関係を持つガントチャートへ改良した彼の功績は素晴らしい。
しかし、理由はよく分からないけれども、2人のコミッタが別れると同時にRedmineをフォークしてChiliProjectが作られたらしい。

個人的にはRedmineはとても優れたOSSのプロジェクト管理ツールだと思うので、どちらが本家なのか分かりにくくなるのは困るなあと思う。
今後の動向に注目していく。

|

« 仕様書からシステムが動くXEAD Driver | トップページ | 【公開】XP祭り関西2011講演資料「Agile開発のスケールアップ~Agile2.0を支えるチケット駆動開発」 #xpjugkansai »

Redmine」カテゴリの記事

ソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/50777113

この記事へのトラックバック一覧です: Redmineから分岐したChiliProject:

« 仕様書からシステムが動くXEAD Driver | トップページ | 【公開】XP祭り関西2011講演資料「Agile開発のスケールアップ~Agile2.0を支えるチケット駆動開発」 #xpjugkansai »