« RubyがJIS規格に制定された | トップページ | ソフトウェア構成管理がソフトウェア開発の作業手順に制約をかける »

2011/03/24

レガシープログラマかどうかを判断する基準

レガシープログラマかどうかを判断する良い記事があったのでメモ。

【元ネタ】
2011-02-18 - ITは芸術だ レガシープログラマかどうかを判断する10項目

【公開】XP祭り関西2011講演資料「Agile開発のスケールアップ~Agile2.0を支えるチケット駆動開発」 #xpjugkansai: プログラマの思索

(引用開始)
【レガシープログラマの判断項目】
* 使われるローカル変数をすべてメソッドの最初に宣言する。
* ローカル変数の宣言時に空文字("")や新しいオブジェクト(new Xxx())で初期化する。その後にすぐ別の値をセットする。
* メソッドの戻り値がすべて成功・失敗を表す 0 か -1 になっている。
* 複数のデータをまとめて扱う際は毎回配列を使う。配列の上限数はありえなさそうな数を指定する(1000とか)。
* 基本データ型(stringやint)と配列だけでデータ構造を表現しようとする。
* 変数の命名規則にハンガリアン記法*2を使う。
* クラスのフィールド変数をグローバル変数のように利用する。
* 配列やリストを毎回forループで処理する(例: for (int i = 0; i < array.Length; i++))。
* クラスやクラスメンバの可視性を意識していない(privateメソッドがpublicになっている等)。
* 変更履歴をコード中にコメントとして残す (ADDやDELみたいなコメントがたくさん付いている)。
(引用終了)

Cobol、C、VBで腕を鳴らしたプログラマも、Java、C#、Ruby、Python、JavaScriptなどで書いてみると、以前の習慣が古くさくなっている時が多い。
過去の成功体験が新しい技術の習得の邪魔をしていないか、もう一度胸に手を当ててみる。

|

« RubyがJIS規格に制定された | トップページ | ソフトウェア構成管理がソフトウェア開発の作業手順に制約をかける »

Ruby」カテゴリの記事

ソフトウェア」カテゴリの記事

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

プログラミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/51208474

この記事へのトラックバック一覧です: レガシープログラマかどうかを判断する基準:

« RubyがJIS規格に制定された | トップページ | ソフトウェア構成管理がソフトウェア開発の作業手順に制約をかける »