« セキュリティテストで使えるFirefoxのアドオン | トップページ | チケット駆動開発が進むべき道 part3~BTSを中心に構成管理・テスト管理を含めたプロジェクト管理の枠組みを作る #tidd »

2011/03/21

TortoiseHg2.0が公開されている

TortoiseHg2.0.2をさっそく入れてみた。
GUIも大幅改善されて、随分使い易くなっている。

【元ネタ】
TortoiseHg

white ? TortoiseHgを2.0にアップデートした

TortoiseHg2.0でのMQ - watawata日記

TortoiseHg2.0のincoming,pull - watawata日記

TortoiseHg2.0 - 記憶は削除の方向で

Subversionが普及した最大の理由は、TortoiseSVNというWindowsクライアントがとても優秀な点に尽きると思う。
TortoiseSVNのおかげで、簡単にSVNコミットしたりコミット履歴を見れるだけでなく、BTSチケットへのリンクやExcelやWordの差分比較もできる。
単なる構成管理ツールだけでなく、ドキュメントの管理やBTSとの連携によってタスク管理、更にはチケット駆動開発へ発展させることもできる。

TortoiseHgはMercurialのWindowsクライアント。
分散バージョン管理はGitの方が有名だろうが、MercurialはWindowsとの親和性に力を入れているように思える。
TortoiseSVNと同様に、ExcelやWordの差分比較もできるし、BTSチケットにリンクすることも可能。
更にはSVNクライアントとして使うこともできる。

TortoiseHgからBTSチケットへリンクできるようになった: プログラマの思索

TortoiseHgもRedmineチケットへの接続をサポート: プログラマの思索

TortoiseHg+hgsubversionの導入方法: プログラマの思索

TortoiseSVNの差分比較でWinMergeを使う: プログラマの思索

TortoiseHgでExcelの差分を見る方法: プログラマの思索

色々試してみる。

|

« セキュリティテストで使えるFirefoxのアドオン | トップページ | チケット駆動開発が進むべき道 part3~BTSを中心に構成管理・テスト管理を含めたプロジェクト管理の枠組みを作る #tidd »

Mercurial」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TortoiseHg2.0が公開されている:

« セキュリティテストで使えるFirefoxのアドオン | トップページ | チケット駆動開発が進むべき道 part3~BTSを中心に構成管理・テスト管理を含めたプロジェクト管理の枠組みを作る #tidd »