« 理想ラインが加わったredmine_version_burndown_charts画面 | トップページ | Xead Driverの感想 »

2011/04/25

ドメイン駆動設計よりもパターン本が好き

エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 (IT Architects’Archive ソフトウェア開発の実践)」が出版されて、DDD(ドメイン駆動設計)が注目を浴びているらしい。
まだ手元にないので中身も知らないが、考えたことをメモ。

【元ネタ】
長年、邦訳されなかった「思慮深いソフトウェア開発者全員の必携書」(1/2):企業のIT・経営・ビジネスをつなぐ情報サイト EnterpriseZine (EZ)

エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 - Eric Evans/牧野祐子/和智右桂/今関剛/株式会社翔泳社:SEShop.com

ドメイン駆動設計・俯瞰編 - Strategic Choice

実践DDD [Domain-Driven Design]:第1回:DDDを俯瞰する | 豆蔵ソフト工学ラボ

(一部引用開始)
同書は、一部のエンジニアには、マーチン・ファウラー氏の『エンタープライズアプリケーションアーキテクチャパターン』(以降PofEAA)と並び、システム設計におけるバイブルとされ、熱狂的に支持されています。
(引用終了)

アーキテクチャやモデリングに関する本は今まで色々読んできた。
だが、僕の中では正直ピンと来る物はなかった。

むしろ、GoFの「オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン」やファウラーの本「アナリシスパターン―再利用可能なオブジェクトモデル (Object Technology Series)」「エンタープライズ アプリケーションアーキテクチャパターン (Object Oriented Selection)」の方がしっくり来る。
多分、僕は抽象的なアーキテクチャ解説の本よりもパターン系の本が好きだ。

パターンは、特定のコンテキストで問題の本質と解決方法、そのパターンを応用した時のリスクを明らかにしてくれる。
アーキテクチャ、モデリング、オブジェクト指向を突き進めると、いつも再利用の問題が顔を出すが、そのままの形で再利用できない。
パターンという形でしか再利用できていないのが現状だし、多分それが限界なのでは、と思う。

色々考えてみたい。

|

« 理想ラインが加わったredmine_version_burndown_charts画面 | トップページ | Xead Driverの感想 »

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

モデリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/51493746

この記事へのトラックバック一覧です: ドメイン駆動設計よりもパターン本が好き:

« 理想ラインが加わったredmine_version_burndown_charts画面 | トップページ | Xead Driverの感想 »