« 簿記に現れる権利と責務の概念 | トップページ | ドメイン駆動設計よりもパターン本が好き »

2011/04/24

理想ラインが加わったredmine_version_burndown_charts画面

@daipresentsさんがredmine_version_burndown_chartsプラグインをアップデートしたらしいので、インストール後の画面をアップしておく。
興味深いのは、理想ラインが追加されたこと。

【元ネタ】
Twitter / @Dai Fujihara:Redmineのバージョンバーンダウンチャートプラグインアップデート 予定線を追加 1.0.5での動作確認済 http://t.co/6RmdYZo

daipresents/redmine_version_burndown_charts - GitHub

Redmineに入れたプラグイン一覧part2: プログラマの思索

Burndownchart_20110424

redmine_version_burndown_charts画面は、バージョン(スプリント)単位でバーンダウンチャートを表示してくれる重要なプラグイン。

だが、従来は予想ラインと実績ラインしかなかった。
当然、予想ラインは予想工数、実績ラインは実績工数とステータスから集計されていると思われるが、理想ラインは何となくMSProjectの山崩しのように思える。
つまり、予想ラインは入力した予定工数や開始日・終了日からそのまま出力するのでリソースが偏っている可能性が高く、現実の進捗に程遠い可能性もある。

理想ラインに近い形でタスクが減っていけば、進捗は特に問題ないという判断を下せるし、逆に理想ラインよりも大きく実績ラインが離れると現状に合っていないという判断もできるだろう。
実際に運用してみると色々分かってくるかもしれないので試してみたい。

【追記】
バーンダウンチャートプラグインを改造 | ASR's hiveによれば、下記の意味になる。
(1)「予想ライン」が予定工数から計算される残工数、「実績ライン」が実績工数と進捗率から計算される残工数。
(2)理想ラインは、該当バージョンの開始日から期日に向けて残工数がまっすぐ下がっていく残工数。
(3)上限ライン・下限ラインは、予定工数の±20%という設定から計算される理想ライン。管理図のようなもの。
(4) 本来のバーンダウンチャートは、理想ラインの付近で表示されるのが望ましい。理想ラインから離れるほどタスクがあふれていることを示している。

|

« 簿記に現れる権利と責務の概念 | トップページ | ドメイン駆動設計よりもパターン本が好き »

Agile」カテゴリの記事

Redmine」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/51484541

この記事へのトラックバック一覧です: 理想ラインが加わったredmine_version_burndown_charts画面:

« 簿記に現れる権利と責務の概念 | トップページ | ドメイン駆動設計よりもパターン本が好き »