« TiDDを実践して気づいたことpart9~Scrumのベロシティ #tidd | トップページ | DSLもオブジェクト指向の歴史を追いかけている »

2011/05/05

Agile開発がCMMI、PMBOK、BABOKまで影響を与えている

Agile開発の普及に関して良い記事があったのでメモ。

【元ネタ】
アジャイルマニフェストからの10年をふりかえる by マイク・コーン - kawaguti の日記 (id:wayaguchi)

(引用開始)
そして現在、10年が経ち、状況は180度変わった。あなたがもしアジャイルをやっていない/アジャイルになろうとする過程にないなら、自分もやった方がいいんじゃないか?と思うだろう。10年前と比べて最大の変化は、どのプロセスを利用するかを検討する議論において、アジャイルプロセス群は席が予約されている、ということだ。もし私が大企業の開発担当副社長で、他の部門の副社長たちにアジャイル開発を薦めたら、彼らはむやみに拒否することができないだろう。アジャイルは、いろんなやり方があるが、実行可能で実現可能な代替案である。すべての会社やプロジェクトにおいて適切な手法であるとは限らないが、アジャイルを提案するとき、誰一人として、それを笑いとばすことはできないだろう。
(引用終了)

オブジェクト指向は以前は一部のプログラマの技術に過ぎず、Smalltalkで育まれた。
そして、Smalltalk、C++、Java、Rubyとプログラミング言語が進化していくうちに、単なるプログラミング技術だけでなく、設計や要件定義までオブジェクト指向が席巻した。
UMLもたくさんの流派があったけれども、一つの記法に統一されてから、OOAが一気に普及した。
今や設計手法の主流は、DOAや構造化設計よりもOOAの方に移っているのではないだろうか?

同様に、Agileの発想もXPやScrumなどで90年代から試されて、今はCMMI、PMBOK、BABOKまでAgileの発想を取り込もうと取り組んでいる。
AgileもOOAと同様に、下流工程から上流工程を席巻しようとする流れになるのが興味深い。

InfoQ: 2つの世界の衝突:PMI(米国プロジェクトマネジメント協会)とアジャイル

InfoQ: PMIのAgile認証パイロットが5月に開始

Always All Ways: [IT] PMIとScrum/Agileの動向

InfoQ: SEIがCMMIとアジャイルの統合に関するレポートを発表

InfoQ: IIBAがBusiness Analysis Body of Knowledgeのアジャイル拡張を発表

CMMIはアジャイル化できるのか?: プログラマの思索

BABOKをアジャイル開発へ拡張: プログラマの思索

BABOKはアジャイル開発に使えるか: プログラマの思索

|

« TiDDを実践して気づいたことpart9~Scrumのベロシティ #tidd | トップページ | DSLもオブジェクト指向の歴史を追いかけている »

Agile」カテゴリの記事

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

モデリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/51583989

この記事へのトラックバック一覧です: Agile開発がCMMI、PMBOK、BABOKまで影響を与えている:

« TiDDを実践して気づいたことpart9~Scrumのベロシティ #tidd | トップページ | DSLもオブジェクト指向の歴史を追いかけている »