« RedmineのTimeTrackerプラグインが使いやすい | トップページ | Redmine 1.2.0 released! »

2011/05/31

Redmineのガントチャート改善part2

Redmineのガントチャートを改善するパッチについてメモ書き。

【ガントチャートのPNG出力】
ガントチャートのpng出力で文字化け - Redmine Users (japanese) | Google グループ

Redmine0.9.2の設定と運用 -- qui-no Labs

RMagickをインストールしておくと、ガントチャートをPNG出力できるリンクが出てくる。
PDFとは違って、A3で1枚で印刷したいときに役立つだろう。
しかし、日本語は文字化けしてしまう。
上記のパッチを当てると、WindowsでもUnixでも日本語が文字化けしなくなる。

【開始日=終了日のチケットの色付け】
開始日と期日が同じ日の場合、ガントチャートで色が変わらない?!:ソフトウェア開発日記~北海道・東北にて~:So-netブログ

Redmine - Defect #7838: Gantt- Issues does not show up in green when start and end date are the same - Redmine

Redmineのガントチャートは何故か、チケットの開始日=終了日の場合、ステータスが進行中や終了でも、色付されない。
ガントチャートで色付されないタスクは未着手と思われてしまうので、改善して欲しいと言う要望があった。
上記のパッチを当てると、ステータスが新規以外の場合、緑色が表示されるようになる。

【ガントチャート上で開始日、期日を編集可能にする】
ガントチャート上で開始日、期日を変更したい:ソフトウェア開発日記~北海道・東北にて~:So-netブログ

ガントチャート上で開始日、期日を変更したい(その2):ソフトウェア開発日記~北海道・東北にて~:So-netブログ

Redmine - Patch #2024: gantt chart editting - Redmine

Patch #2024 gantt chart editting 使っておられる方 - Redmine Users (japanese) | Google グループ

Redmineのガントチャート上で開始日と期日を修正できるようにするパッチがアップされている。
Redmineメーリングリストでは、ガントチャート上で100件以上のチケットを表示した場合、チケットを1つずつ修正してはガントチャートを再表示させる手間がかかるために、上記のパッチが必要という内容が書かれている。

現在は、v1.1.2までのパッチが提供されている。
但し、上記のパッチを見れば分かるが、かなりたくさんのファイルにパッチを当てる必要があるため、取り込む場合は注意した方がいい。

【その他】
RedmineのガントチャートはMS ProjectのWeb版になりうるか?: プログラマの思索

Redmineに入れたプラグイン一覧part3: プログラマの思索

個人的には、ガントチャートに日付や罫線をPDF出力するパッチと文字化けせずにPNG出力するパッチがあれば十分かな。

|

« RedmineのTimeTrackerプラグインが使いやすい | トップページ | Redmine 1.2.0 released! »

Redmine」カテゴリの記事

コメント

Patch #2024 gantt chart editting を取り込む際の注意点で思いつくところを...
Redmine 本体側コードに Patch をあてますので、ほかに入れている Plug-in で本体のルーチンを差し替えるものが提供されている場合、そのルーチンには当然 Patch 相当部分がありません。Plug-in ルーチン側にも同様の改造が必要になります。
その例が先日ご紹介された Better Gantt Chart Plug-in で、作者の方がそれに気づいて #2024 の Patch 部分を取り込むよう協調をとっておられます。
それ以外でウチで該当したのは、Farend BASIC というテーマで、それに含まれる CSS ファイルに Patch 相当の変更を入れる必要がありました。
後、不具合ではありませんが、元々狭い画面を日付表示+カレンダー部分にとられますので、ウチではサイドバーを消して、残る部分のそれぞれの幅を調整して使っています (元々、長いサブジェクトを付ける人が多く改造必至だったこともあって)。
最新の Patch では、親子チケットの子の変更を親に自動的に反映できるようにもなりましたし、親チケットが編集できてしまうという不具合も解消され、さらに便利になっています。
うちでも 1000行 (100行ではありません) 近い Gantt を表示しようとして、あまりに重いので PNG でファイル化して、それを見ながらミーティングしていたプロジェクトリーダーさんがいらっしゃいましたが、さすがにそのレベルだと PNG を出すのも大変で、最初は Gantt 表示の高速化ということで解決法を探していた (打てる手は打ったつもり) のですが、その途上で Gantt Editing を見つけたのでした。

投稿: 柴田雅之 | 2011/06/01 09:38

忘れてました。もう1つ注意点。
PNG 出力の文字化け解消 Patch をあてていると、Gantt Editing Patch を Patch コマンドであてるときに、コード差し替え位置を探すときの目印の行の位置に PNG... のが入ってしまってますので Patch あてが多分失敗します。
最新の Patch では確認していませんが、少し前のものでかつ、うちの環境 (PNG 文字化け解消は Patch ではなく手動で変更) で発生しました。
ウチでは、いったん PNG... の変更を手動で戻して Patch をあてて、その後 PNG... の変更を手動で入れ直しました。
念のためお伝えしておきます。

投稿: 柴田雅之 | 2011/06/01 09:56

何度もスミマセン。新情報です。
Better Gantt Chart の作者の方は、Gantt Edit Patch の機能を取り込もうと考えておられるようです。
元々双方協調しておられましたし、Gantt Edit Patch の作者の方も取り込んでもらった方がよいのではないかとおっしゃってました。
Better Gantt Chart は Patch ではなく Plug-in ですし Redmine 1.1.x、1.2.x に対応していますので、導入にデリケートなところがなくなると思いますし、実現されたらかなり広まるのではないでしょうか?
問題はいつ実現されるかですが... 割合アクティブなプロジェクトのようですので期待はしてよいのかなと思います。
以上、お知らせまで。

投稿: 柴田雅之 | 2011/06/02 14:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/51820154

この記事へのトラックバック一覧です: Redmineのガントチャート改善part2:

« RedmineのTimeTrackerプラグインが使いやすい | トップページ | Redmine 1.2.0 released! »