« アジャイルプロジェクトマネジメント再読 | トップページ | チケット駆動開発はまさにチケット管理ゲームだ »

2011/05/13

Redmineに入れたプラグイン一覧part3

Redmine1.1.2に更にプラグインを入れてみたのでメモ。

Redmineに入れたプラグイン一覧part2: プログラマの思索

Redmineに入れたプラグイン一覧: プログラマの思索

【1】ガントチャート改造
【Redmine 1.1.2】ガントチャートを開始日順にソートする|渋谷ではたらくイタズラ者、マー君のブログ。

【Redmine 1.1.2】ガントチャートに日付を表示させる|渋谷ではたらくイタズラ者、マー君のブログ。

Redmineのウリの一つは、チケットをきちんと入力しておけばガントチャートをいつでも出力できること。
但し、ガントチャートに日付が出てなかったり、ソート順が開始日でないので綺麗に出ない症状があり、以前から一部ユーザはカスタマイズしていた。
上記のパッチを当てると、最新版でガントチャートに日付が出てソート順が開始日になるので、MS Projectっぽくなる。
管理者や顧客向け進捗報告に使うために必要なパッチかもしれない。

【2】redmine_blogs
akiko-pusu/redmine_blogs - GitHub

r-labs - Blog Plugin - Redmine

Akikopusu_redmine_blog

上記プラグインを使えば、RedmineにBlogを入れることができる。
以前のバージョンでは動かなかったので、とてもありがたい。

WikiではなくBlogを入れる理由の一つは、Blogを進捗報告代わりにしたいこと。
Blogの方が慣れている人もいるので試してみる価値はあるかもしれない。

【3】Redmineの作成日、更新日などの相対表現表示を絶対表現になおすプラグイン
suer/redmine_absolute_dates - GitHub

Redmineでは、チケットに「何日前に更新した」というメッセージが表示されるけれど、絶対日付の方が分かりやすいものだ。
上記プラグインは日付表示を変えてくれる。
ユーザが使いやすくなるUIにしてくれるありがたいプラグイン。

Suerredmine_absolute_dates

【4】MS Porjectインポート
suer/redmine_ms_projects - GitHub

Redmine_msproject

Redmine_msproject2

Redmine_msproject3

MS Projectのガントチャートを出力したXMLをRedmineにインポートするプラグイン。
チケットの親子関係に対応しているので、MS Projectでタスクを階層化してWBSを作っておけば、インポート後、チケットの階層構造へマッピングしてくれる。
トラッカーや担当者、カテゴリ、バージョンは後で設定しないといけないが、チケット一覧で右クリックして一括編集すればいいだけなので、問題ない。

MS Projectが大好きな管理者や、最初の大まかなリリース計画はMS Projectで作る場合に有効だろうと思う。

【5】Redmineのワークフローを可視化する
suer/redmine_workflow_viz - GitHub

Redmineのワークフローを視覚化: プログラマの思索

Suerredmine_workflow_viz

トラッカーとユーザ権限単位でワークフローを可視化してくれる。
RMagickはインストール済みなのだが、Windows上のRedmineだったのでステータスが文字化けしたのかもしれない。
ワークフローを可視化することで、管理者は、どんなワークフローにすれば作業しやすいか、ということを考えるようになり、自然にプロセスについて考えるようになるだろう。

【6】終了チケットにGood Job!な画像を表示

Good Job Plugin 0.0.1 リリース - Change the worlds

changeworld / redmine_good_job / overview – Bitbucket

Redmine_good_job_2

チケットがクローズされている場合、Good Job!な画像を表示してくれる。
Facebookの「いいね!」ボタンの機能に似ている。
こういう心配りのあるプラグインがあると、メンバーも終了チケットを増やそうと言う気持ちになってくれるのではなかろうか?

僕がRedmineに最初に触れて運用したのは、Ver0.6.4の頃で、その経験を元にSQIP2009で@sakaba37さんとTiDDの論文を発表した。
そして今、Ver1.1.2に触れて、Redmine本体の機能もUIも著しく改善して、プラグインが足りない機能やUIを補強してくれて、とても使い易くなっている。

下記のつぶやきと同様、僕も今でもRedmineがとても楽しい。

Twitter / @えるきち: redmine おもしろーい

個人的には、チケット一括インポート機能やチケット集計機能がもっと改善されれば、とても使いやすくなるだろうと思う。
つまり、ExcelやMS Projectでタスクを作って一括インポートしたり、顧客向け進捗報告や課題一覧をExcel上で集計する作業をRedmineでもっとサポートして欲しいのだ。
そうすれば、Excelが大好きな管理者もRedmineを使うようになり、自然にAgileな開発スタイルに変わっていくだろうと思っている。

|

« アジャイルプロジェクトマネジメント再読 | トップページ | チケット駆動開発はまさにチケット管理ゲームだ »

Redmine」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/51661145

この記事へのトラックバック一覧です: Redmineに入れたプラグイン一覧part3:

« アジャイルプロジェクトマネジメント再読 | トップページ | チケット駆動開発はまさにチケット管理ゲームだ »