« Pivotal Trackerとredmineの違い | トップページ | 対応完了予定日はイテレーションである »

2011/08/03

Enterprise ArchitectとRedmineを連携するアドオン

Enterprise ArchitectとRedmineを連携するアドオンが公開されていたのでメモ。

【元ネタ】
Twitter / @kaorun55: EAのRedmine連携もキタ / 日々精進 - スパークスシステムズ ジャパン代表のBlog:Redmineとの連携アドイン β版 - livedoor Blog(ブログ) http://htn.to/C7rnYA

Twitter / @akipii: Enterprise ArchitectとRedmineを連携するアドオンが公開された。設計工程の成果物と連携できるのはいい。Redmineとの連携アドイン β版 http://t.co/0SUnDya

日々精進 - スパークスシステムズ ジャパン代表のBlog:Redmineとの連携アドイン β版 - livedoor Blog(ブログ)

Enterprise Architect-Redmine連携アドイン

UMLモデリングツールは色々あり、僕はastah Professionalを使っているけれど、企業ユースならEnterprise Architectが多いだろう。
Enterprise ArchitectはUMLだけでなくDBモデリングもかなり細かい部分までサポートしているので、これさえあれば設計は何でもできる。

Redmineと連携した画面を見ると、EAで書いたモデル上でチケットを発行できるので、チケットとモデルをリンクさせることができるらしい。
これは、Redmineチケットから設計の成果物へ追跡できる機能を提供していることを意味するから、トレーサビリティの観点からしても重要だと思う。

興味深いのは「親チケットへのリンクを、Enterprise Architectの接続線に変換」という機能で、EAのモデルにある関連(派生関係?)をRedmineチケットの親子関係に変換できる、とのこと。
詳細は分からないけれど、システムやクラスを分割したモデルを作れば、即座にチケットの親子関係に変換できるから、システム単位でチケットの進捗率や工数を集計するのに役立つかもしれない。

過去の記事にも書いたが、EAはSVN連携やXDDPのプロセスフロー図(PFD)にも対応しているので、色々使える。
機会があれば試してみたい。

Subversionを見直せ: プログラマの思索

XDDPの資料リンク: プログラマの思索

|

« Pivotal Trackerとredmineの違い | トップページ | 対応完了予定日はイテレーションである »

Redmine」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/52382876

この記事へのトラックバック一覧です: Enterprise ArchitectとRedmineを連携するアドオン:

« Pivotal Trackerとredmineの違い | トップページ | 対応完了予定日はイテレーションである »