« Pivotal TrackerクローンのFulcrum をインストールしてみた | トップページ | 補完チケット方式はチケット駆動開発の先祖返り »

2011/10/08

3人以上ペアでやるとミスが多くなる

「3人以上でリリース作業するとミスが多くなる」という話を聞いたのでメモ。

【元ネタ】
開発でのメモ:リンゲルマン効果 - livedoor Blog(ブログ)

責任の分散とリーダーシップ。 - hituziのブログじゃがー

傍観者効果 - Wikipedia

XPにはペアプログラミングというプラクティスがあり、その導入は難しいと言われているが、普通のソフトウェア開発では、二人で作業する場面は結構多い。

例えば、システムのリリース作業やデータ移行、サーバー入替などの作業は2人がペアで作業する時が多い。
普通、一人が作業者でもう一人は手順書やチェックシートを見ながら作業を見守る。
あるいは、設計レビューをウォークスルーで行う場合、レビューアとレビューイの2人が行う。
あるいは、バグ修正とバグ検証は必ず別々で行ってバグを潰す。
二人でペアで作業するからこそ、二人の目による品質チェックが有効に効く。

しかし、3人以上になると、その効果が出ない場面が多くなるみたい。
リリース作業を3人以上でやると、作業者以外の2人は、もう一方が見ているから、と安心してしまって責任感が薄れるらしい。
集団になると、自分の力を全力で出さなくなったり、手抜きしてしまうらしい。
こういう現象はリンゲルマン効果と呼ばれるらしい。

2人で作業するのと3人で作業するのでは、意味合いが異なってくるというのが面白い。

|

« Pivotal TrackerクローンのFulcrum をインストールしてみた | トップページ | 補完チケット方式はチケット駆動開発の先祖返り »

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/52942556

この記事へのトラックバック一覧です: 3人以上ペアでやるとミスが多くなる:

« Pivotal TrackerクローンのFulcrum をインストールしてみた | トップページ | 補完チケット方式はチケット駆動開発の先祖返り »