« チケット駆動開発がもたらした新しい観点part1~Redmineプロジェクトへ案件や組織構造を反映する | トップページ | RedmineのTime Trackerプラグイン運用の注意点 »

2011/11/03

日本のIT業界のホラー小説「人形つかい」

一部で有名だったシステム開発の読み物(全23話)を読んでみた。
あらすじはネタバレになるので書かないが、いくつか感想をメモしておく。

【元ネタ】
Press Enter■: 人形つかい(1) 未知との遭遇

日本のIT業界で働いた経験がある人なら、リアリティがありすぎて思わず引き込まれるだろう。
他の業界の人が読んだら、何故今の日本で奴隷のように働くのだろうと不審がるだろう。

感想を二つほど書く。
一つは、日本の製造業に特徴的な多重下請構造をIT業界が真似たことで、技術者が手配師になるか一匹狼の技術者になるかどちらかしか選択肢がない状況になっていること。
この件については過去にも色々考えた。

手配師になるか技術屋で生き残るか: プログラマの思索

個人的には、松原友夫さんの指摘「しかし、品質に関して重大責任を負うに至ったソフトウエア開発ビジネスで、成果責任を負わない派遣形態がかくも横行しているのは日本だけである。 」が最も本質を突いていると考える。

人月ビジネスの特質~成長しないこと: プログラマの思索

日本のソフトウエア産業、衰退の真因 | スラッシュドット・ジャパン

日本のソフトウエア産業、衰退の真因 - 真髄を語る:ITpro

もう一つは、SIが独自に作る俺様フレームワークに技術上だけでなくマネジメント上も致命的な欠陥があること。
この件も過去にも色々考えた。

SIerの俺様フレームワークは最悪に激しく同意: プログラマの思索

SIerの俺様フレームワークは最悪だ

SIが俺様フレームワークを作りたがる理由は、昔のCobol開発のように、上流工程の設計さえできればプログラムは自動生成すればいい、という発想があるのだろうと思う。
その考え方は多分アジャイル開発とは相容れないと思う。

Continuous Delivery~TDDとCIの次に現れた自動化の概念: プログラマの思索

SIerは自動化する対象が違っているのでは? - Togetter

IT勉強会カレンダーを見る限り、日本のIT技術者は向上心があるし、RubyやSeasarなどを日本人が生み出したのだから、技術的に劣っているとは思えない。
オープンソース活動やコミュニティ活動が日本の変革の鍵を握っているように直感している。

|

« チケット駆動開発がもたらした新しい観点part1~Redmineプロジェクトへ案件や組織構造を反映する | トップページ | RedmineのTime Trackerプラグイン運用の注意点 »

Agile」カテゴリの記事

ソフトウェア工学」カテゴリの記事

プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49479/53151086

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のIT業界のホラー小説「人形つかい」:

« チケット駆動開発がもたらした新しい観点part1~Redmineプロジェクトへ案件や組織構造を反映する | トップページ | RedmineのTime Trackerプラグイン運用の注意点 »