« 日本の製造業もアジャイルの概念が必要ではないか | トップページ | SQIP2012の見所 »

2012/06/30

SVNバックアップの復習

SVNバックアップのコマンドを記録しておく。

【元ネタ】
Subversionリポジトリのバックアップ( svnsync )

Subversionの履歴を保持したままリポジトリを移動するには - システム開発ブログ (システム開発のアイロベックス|東京都新宿区の業務システム開発会社)

■SVNリポジトリ同士を同期
svnsync init [移動先リポジトリ] [移動元リポジトリのURL]
svnsync sync [移動先リポジトリ]

■SVNリポジトリからダンプファイルを生成
svnadmin dump [移動元リポジトリのパス] > [ダンプファイル名]

■SVNリポジトリでダンプファイルを読み込む
svnadmin load [移動先リポジトリのパス] < [ダンプファイル名]

また、SVN→Mercurialへの変換方法は下記を参考にする。
SVNリポジトリをMercurialと同じPCに作ってsvnsyncで同期した後、hg convertした方が速い。

svn リポジトリをmercurialに変換 - Ian Lewis

Subversionの履歴をMercurialに引き継ぐ - 0xFF

|

« 日本の製造業もアジャイルの概念が必要ではないか | トップページ | SQIP2012の見所 »

Git・構成管理」カテゴリの記事

Mercurial」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本の製造業もアジャイルの概念が必要ではないか | トップページ | SQIP2012の見所 »