« チケット駆動開発のアンチパターンの事例 | トップページ | Gitの差分比較が重要な理由 »

2012/11/04

AgileTourOsaka2012の感想 #agileto2012

箕面で開かれたAgileTourOsaka2012に行ってきた。
感想をラフなメモ書き。

Agile Tour Osaka (Japan) | agiletour.org

11月3日 AgileTourOsaka2012 in Minoh 箕面の滝からこんにちは(大阪府)

[#agileto2012] 『チェンジ!』の考え方 ~マネしやんと!~: ソフトウェアさかば

会場の8階の廊下から、箕面温泉や箕面の滝へ向かう道路が見えるので、景色はとても良い。
そんな会場で、50人近くの人達が集まり、講演内容も素晴らしく、熱気があった。

【1】牛尾さんの講演では、プロダクトオーナーの仕事に関するお話。
要求の洗い出しやヒヤリングについて、課題→対策→評価といういわゆる仮説検証スタイルでやっていくのが良いというお話。
要求開発やアジャイルUXの概念も絡めながら、コンサルタントとして必要なテクニックの紹介があって面白かった。

Twitter / akipii: ステークホルダー表を作るか。プロジェクト計画書の客も含めた体制図に似てるかな #agileto2012

Twitter / akipii: ありふれた言葉の裏に牛尾さんの豊富なコンサルタント経験を感じる #agileto2012

【2】藤原さんの講演では、楽天でアジャイルコーチとしてチームの成長に関わったお話。
個人的には、AgileTourOsaka2012の講演中最も深い内容に感じた。
彼は楽天というWebサービスで開発する環境で、管理職の立場でアジャイルを推進する立場にいて、僕自身は受託SIで業務系Webシステムの開発をしており、現場リーダーの立場でチケット駆動開発をベースにアジャイル開発しようとしている。
だから、僕自身の環境や立場、考え方を比較してしまったからだろう。

Twitter / akipii: 藤原さんのサービス開発経験の深さを感じる話。今日の講演で一番深い内容ではないかな #agileto2012

講演メモから内容の一部を抜粋しておく。

「ソフトウェア開発とは、ユーザのニーズとマーケティングの目標をソフトウェアへ変換すること」

仕様は正しいのか?
仕様は仮説でしかない
リリースは出口ではなく、入り口に過ぎないだろ?

Twitter / irof: 「仕様がないと作れないから早く決めて欲しい」一方で「仕様通り作るだけだとつまらない」同じ人の台詞。ふむ。。 #agileto2012

何故全部計測しないのか? (メアリー・ポッペンディックさんからの質問)
ソフトウェアは想定した使われ方なのか?

Twitter / irof: リリース後から勝負が始まる。全部計測する。単純なところでもいいから。それが想定と合っているかみる。 #agileto2012

計画は守るべきか?
(マネージャは)間に合うように頑張って欲しい
計画は変更する
ビジョン・マイルストーンは作る。

Twitter / irof: 「ちゃんと計画する、計画は変更する」 #agileto2012

Twitter / irof: 「コンパス見ながら進んだら(ちゃんとまっすぐは進まないけれど)大体、まっすぐすすむ」 #agileto2012

Doneの定義がふりかえりで頻繁に議題に上る
プログラムを作った
単体テストが終わった
受入テストが終わった
ビジネスオーナーが承認した
(注:マネージャや開発者、ビジネスオーナーのそれぞれの立場でDoneの定義が違う)
(注:Doneの定義は、プロジェクトの進行中にいくつかのタイミングで変わるらしい)

Twitter / irof: (Done率を)ベロシティというとあやしくなるw #agileto2012

Twitter / irof: Done率.410 イチローより高打率w #agileto2012

Done率は意外に少ないね、という皆の感想

成功とは何か?
「安定的」に「継続的」に繰り返すこと
倉貫さんも最近同じことを言っている
(注:リリースが安定する意味に近い)

Twitter / irof: 成功は、仕様通りでビジネスの価値が正しいものを安定して継続的に繰り返すこと #agileto2012

「作らない」へ
機能は技術的負債

Twitter / irof: 「安定すると作りすぎちゃう」 #agileto2012

Twitter / sakaba37: 「リプレイス」はお金を稼がない #agileto2012

Twitter / irof: たいていのものを作れるようになっちゃったからこそ、作らないこと が重要 #agileto2012

品質とは何か?
開発プロセスに品質保証のタイミングがない

Twitter / irof: "品質とは誰かにとっての価値である" #agileto2012

アジャイルテストの4象限
重要なテストは自動化できるテストではなく、ソフトウェアの「手触り」を確認できるユーザビリティのテスト
ソフトウェアの「手触り」が大切
自動化テストを当たり前にして、手作業のテストを重視したら、バグ率が減った

Twitter / irof: 選択と集中、価値のある手作業へ。 #agileto2012

Twitter / irof:QAが手作業でやってたテストを自動化してしまった。QAがやったのは第三者的な視点を入れたに過ぎない。住み分け、とかではなく…#agileto2012

捨てるタイミング
最短で1イテレーション
捨てられても何度も試す時がある
JiraやRedmineによるチケット駆動開発をチームに導入すると、最初の1、2回目は失敗したが、3回目の導入でようやく成功した
課題管理がJiraで回るようになった

Twitter / irof: 3回トライして出来るようになる場合もある。タイミングの問題であることも多い。今回早める、みたいな。 #agileto2012

Twitter / irof: やめる判断は?上手くやめる方法?やめ時の判断とか、やめ方とか。→最短イテレーションのサイズで決める。ふりかえりで取捨選択する。やめやすくする雰囲気をつくる。 #agileto2012

Twitter / irof: 絶対的に悪いものは無いだろうから、この状況ではだめっぽかった、に過ぎないんだろうね。またやることで、やめることに対するネガティブイメージを下げた結果、やめやすくする。必然的にトライしやすくなる。 #agileto2012

Twitter / irof: 一番重要だったのはふりかえり。 #agileto2012

Twitter / irof: 「何故をひたすら考える。考える機会も話す機会もあまりないだろうけど、一歩進むために、どんどん問いかけるべきだろう。」 #agileto2012

エンジニアリーダー撲滅運動もやっている

Twitter / irof: エンジニアリーダー撲滅運動。そこがボトルネックになる……そんなことしてる場合じゃない。プログラム書いてた方が良い。仕方なくリーダーとかしちゃだめ。 #agileto2012

Twitter / irof:誰か一人が意思決定するなら、その人が作るべき。判断を仰いでるようじゃ"遅い"。速度に価値を置いてる故ですね。 #agileto2012

Twitter / irof: ファシリテーターやスクラムマスターのロールはある方が早くなる。彼らはリーダーではない。意思決定はしない。 #agileto2012

標準化撲滅運動を推進している
標準化の目的は人の入れ替えか?

属人化をなくすのが目的なのか
ある現場の改善を他に持っていきやすくする
他チームへ自チームの成功事例を展開しやすくするために標準化する
標準化には賞味期限がある

Twitter / haradakiro: 標準には有効期限を入れておくのは必須です。更新されない標準は自動的に廃止。RT @sakaba37: 標準化にも賞味期限があるので、最近は邪魔になる事が多いと思います。 #agileto2012

【3】長瀬さんのお話は、中国・ベトナム・タイ・インドのアジャイル事情。
中国などどの国も、元々プロセスがなかったのでウォーターフォールという概念すらなかった。
だから、プロセスを作る時に、最新のプロセスとして自然にアジャイルが導入された、とのこと。

Twitter / irof: 中国は欧米国内向けのアジャイル開発、日本向けのウォーターフォール開発……なんとまぁ。

長瀬さんのお話では、中国のアジャイルセミナーは有料であっても、1000人集まる所があるらしい。

Twitter / momontyo:AgileChinaすげー。初任給4万円の世界で3万円の参加費で1000人集まる #agileto2012

個人的には、中国のSEは急激に成長しているように思う。
日本の大手SIのオフショア開発の基地として中国沿海部が多いだろうが、下請けの立場ではなく、実力的にも日本より優れてきていると感じる。
PMPパーフェクトマスター―PMBOK第4版対応」本では、2009年に中国人のPMP資格取得者数が日本のそれを上回ったらしい。
つまり、単なるプログラミングという下流工程だけでなく、プロジェクトマネジメントという上流工程でも中国人のスキルが日本人のそれを上回る状況も確実に増えてきているはず。

今後、日本とアジアでは、ソフトウェア開発の役割分担へ分化していくだろう、とのこと。
長瀬さんは、日本の大手SIへアジャイル教育やアジア各国へアジャイル普及のビジネスをされているとのこと。
その目線で聞くと、そういう考え方になるのかなと思う。

Twitter / akipii: 日本の受託SIならそんな階段になる @daipresents: ”今後の日本のソフトウェア業界は?” ”アジアに開発は広がるのでは?役割も変わっていくと思う。プログラム設計、プログラミングだけでは厳しいかもしれない” #agileto2012

そんな状況で、日本のアジャイル事情はどのように進化してきたのか?

Twitter / akipii: 実感としてある @daipresents: ”10年前のアジャイルと今のアジャイルの違いとは?” ”XPが新しかった 新しいことが好きな人達が集まってた。そしてWFに潰されていったかもしれない” #agileto2012

アジャイル先駆者達は従来型のウォーターフォール開発の現場に押しつぶされた後、昨年からScrumへの注目と共にアジャイル・ルネサンスが起きているように見えるみたい。

アジャイル開発のルネサンス: プログラマの思索

久しぶりに日本のアジャイル魂を感じたコミュニティイベントでした。

【追記】藤原さんの資料が公開されました。従来型開発からアジャイル開発へシフトしようとする開発者だけでなくマネージャ層は必須の資料でしょう。

解説!地図を捨ててコンパスを頼りに未来へ進め! Agile Tour Osaka 2012資料公開 #agileto2012 | 世界 | daipresents.com

|

« チケット駆動開発のアンチパターンの事例 | トップページ | Gitの差分比較が重要な理由 »

Agile」カテゴリの記事

コミュニティ」カテゴリの記事

チケット駆動開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チケット駆動開発のアンチパターンの事例 | トップページ | Gitの差分比較が重要な理由 »